バスタオルって嵩張って場所ふさぎ! でもフワフワのバスタオルに包まれる入浴後の快感は捨て難いわけで……悩ましい! 年末に気分一新、バスタオル入れ替えする予定の人は特に必読のワザですよ!
バスタオルって嵩張って場所ふさぎ! でもフワフワのバスタオルに包まれる入浴後の快感は捨て難いわけで……悩ましい! 年末に気分一新、バスタオル入れ替えする予定の人は特に必読のワザですよ!
お気に入りのバスタオルも、使い倒していくうちに風合いや色が悪くなってしまうもの。

身体が清潔になったお風呂上りに使う物だけに、古びてしまうとちょっと興ざめですよね。

でもバスタオル。決して安いものではないだけに、そのまま棄てるには忍びない。とはいえ、わざわざ切り刻んでウエスにする手間も惜しい……。

また、実は小さな子どもやペットの居るご家庭では、粗相のときなどに古バスタオルって案外活躍してしまうんです。思い切り良く捨ててしまってから、粗相の始末を新品のバスタオルでする羽目になっても困りますよね。

でもでも、古くて薄汚れたバスタオルがリネン庫の貴重なスペースを占めるのはやっぱり不快……!

そんなあなたにぜひ試して欲しい、超時短技があります。
「惜しい」気持ちもしっかりケア、ポイントは「棄てない」!です。




不要なバスタオル12枚を3分で始末するワザ


子どもってクッション好きですよね。このバスタオル・アンコのクッションなら、万一その上で粗相をされてしまってもダメージ少ないのも大きなメリットです!
子どもってクッション好きですよね。このバスタオル・アンコのクッションなら、万一その上で粗相をされてしまってもダメージ少ないのも大きなメリットです!※ちなみにガイドはMUJIの座布団カバー(幅55×長さ59cm)をクッションのカワとして愛用しています。木綿であれば洗濯機で洗濯できるので扱いがラクですよ!※クリックするとMUJIネットストアにジャンプします。
【用意するもの】

・使い古したけど捨てるには忍びないバスタオル10~15枚

・座布団サイズのクッションカバー2枚


【始末の手順】

1.使い古しのバスタオルを、短い辺を軸にして緩めに巻いていきます。

2.そのバスタオル棒を、クッションカバーのなかにゆとりをもたせつつ、ヨレない程度に詰めていきます。

3.形を整えて、できあがり。




以上! ですが、すばらしくあっけなく“始末”できたでしょう?

リネン庫から見えなくなってしまいましたので、毎日の入浴後にすっきり新しいバスタオル「だけ」を使うことができますよ。うっかり古いバスタオルを手にとってしまって後悔することがなくなるだけでも、なんて快適~!

でも決して捨てたわけではないので、必要なときにはクッションの中から引っ張り出して使うことができます。

今回はかなり緩めに詰めましたが、もっと硬いクッションがお好みであれば、また始末すべきバスタオルがもっとたくさんある場合にも、枚数は加減できます。

バスタオル以外にも、フェイスタオル、ハンドタオル、布オムツ、などでもできますね。いろいろアレンジしてみてくださいね!








※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。