main

お風呂の残り湯は、洗濯に使っていいのか悪いのか。洗濯機を買えばもれなく給水ホースがついているから、お風呂の残り湯を使ってねといってるような気もするけれど、雑菌だらけの残り湯で洗濯したら臭くなってしまいそう……。そんな、残り湯洗濯についての疑問にお答えしようと思います。

 

Q1. 残り湯と水道水で「洗浄力」に違いはある?

お風呂の残り湯には、洗浄力が上がる使い方と、逆に下がる使い方があります。

残り湯には、いろいろな物が溶け込んでいますから、給水ホースのフィルターによっては洗濯機の中に不純物が入ってしまい、洗剤が持つ最大限の能力を発揮できず洗浄力が落ちてしまう可能性があります。

これは冷めた残り湯を使ったときの場合で、入浴直後の40度程度のお湯であれば、衣類に付着した汚れが短時間でふやけて落ちやすくなったり、洗剤の能力があがったりして洗浄力がアップすることになります。

 

Q2. 残り湯洗濯すると衣類に雑菌が残る?

正直なところ、残り湯を使うと雑菌が増えるリスクは高まります。特に、冷めきった残り湯は、それなりの時間が経過していることもあり、雑菌の数は驚くほど増えています。洗濯後の衣類にも雑菌が残り続ける可能性も高くなりますし、温水であっても雑菌リスクはゼロにはなりません。

しかしながら洗濯には大量の水を使いますから、節約目的では魅力的です。温かいうちに残り湯を使用して、すすぎ回数を1回にせず2回以上行ったり、「スーパーNANOX 臭い専用」(ライオン)や「アタックZERO」(花王)など除菌剤入りの洗剤を用いたりすることで、雑菌が付着するリスク軽減することもできるでしょう。

 

Q3. 入浴剤や皮脂汚れが混ざっていても大丈夫?

入浴剤が入った残り湯は、色素の付着や洗剤能力の低下など、デメリットしかありませんので使うのはやめましょう。

皮脂に関しては、洗剤に含まれる再汚染防止剤のパワーもあり、残り湯に溶け込んだ皮脂が付着して黄変するなどのリスクは少ないのですが、冷めた残り湯を使ったり、すすぎの回数が少なかったりすると衣類に付着するリスクは高まります。残り湯は温かいうちに使うのがおすすめです。

雑菌といえば、お風呂の残り湯以外にも、洗濯槽が汚ければ同じく雑菌が衣類に付着するリスクは高まりますし、部屋干しで乾燥時間が長引くと臭の匂いの原因にもなりますから、雑菌の繁殖を抑制する乾燥の方法を取り入れるなど、洗濯以外のところで上手にコントロールする事も可能だと思います。

お風呂の残り湯。その扱いは面倒なところもありますが、賢く使えばメリットもあるので、上手に使ってみてくださいね。

【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で洗濯グッズを見る

Amazonで洗濯グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。