寿司酢大活躍! トマトのピクルスとサラダ寿司

所要時間:5分

カテゴリー:漬物ピクルス

 

漬け汁も使える!トマトの和風ピクルス

寿司酢にミニトマトを放り込んで冷蔵庫に半日ほど入れておくだけで、おいしいトマトの甘酢漬け(和風ピクルス)ができます。漬け汁はそのまま寿司酢や酢の物の合わせ酢として使えます。肉や魚の焼き物や煮物に追加調味料として用いれば、さっぱり味の料理になります。+醤油で三杯酢やノンオイル和風ドレッシングに、+ごま油、ごまで中華ドレッシングになります。ミニトマトだけでなく大根やきゅうり、たまねぎ、にんじんなども漬けられます。今日は、トマトピクルスをネタにしてサラダ寿司の軍艦巻きを作りました。

トマトピクルスとサラダ寿司の材料(2人分

主材料
ミニトマト 20~30コ
寿司酢
1カップ
大さじ1
砂糖 大さじ6
小さじ6
赤唐辛子 1本 (省略可)
サラダ寿司の材料
ご飯 200g
寿司酢 漬け汁大さじ2
トマト ピクルス 3個ほど
きゅうり 少々
アボカド 少々
たまねぎ 少々
大葉 小6枚 (省略可)
納豆 適量
海苔 適量
パセリ 少々 (省略可)
白ごま 少々
わさび 少々
マヨネーズ 少々
ピクルスの材料は作りやすい分量(4人分ぐらい)で、サラダ寿司は1人分になります。

トマトピクルスとサラダ寿司の作り方・手順

ミニトマトのピクルスを作る

1:トマトのヘタを切り取る

トマトのヘタを切り取る
味を沁み込みやすくするために、ミニトマトのヘタの部分を少し削り取る。
反対に、削り取らなければ沁み込みが遅いので、保存期間が伸ばせる

2:寿司酢を作る

寿司酢を作る
保存容器に酢、酒、砂糖、塩、赤唐辛子を入れてよく混ぜる。
だし昆布を1~2cm角に切って加えてもいい

3:漬け込む

漬け込む
漬け汁にトマトを入れる。その他に、1.5cm角に切った大根と、同じくらいの大きさに切ったきゅうりも投入。

4:冷蔵庫に入れる

冷蔵庫に入れる
冷蔵庫で漬けこむ。2~3時間もたてばおいしく食べられる。
大根、きゅうりは1~2時間で漬かる。トマトは3時間~1日が一番おいしい

サラダ寿司を作る

5:ピクルスの漬け汁を寿司酢に利用

ピクルスの漬け汁を寿司酢に利用
ボウルにご飯を取る。ピクルスの漬け汁を大さじ2使う。

6:ご飯に漬け汁をかける

ご飯に漬け汁をかける
ご飯に漬け汁を回しかける。

7:混ぜてそのまま冷ます

混ぜてそのまま冷ます
さっくり混ぜ、そのまま冷まして味をなじませる。
水分が多いと感じても、冷ましてる間に馴染むので大丈夫

8:具を刻む

具を刻む
トマトピクルス、きゅうり、アボガドを5mm角に刻んで混ぜる。玉ねぎは薄くスライスして水にさらして軽くもんで、水気を切っておく。

9:寿司飯を握り、海苔で巻く

寿司飯を握り、海苔で巻く
寿司飯を握り、わさびをぬり、細長く切った海苔で巻く。大葉の上にのせて具を盛る。

10:玉ねぎをのせ、マヨネーズをかける

玉ねぎをのせ、マヨネーズをかける
玉ねぎをのせてマヨネーズを細く絞りかける。小さくちぎったパセリを飾る。

11:納豆手巻きずしを作る

納豆手巻きずしを作る
板海苔を4つに切り、寿司飯、わさび、大葉、納豆、細切りきゅうりをのせ、白ゴマをかける。
手で巻いて食べる

ガイドのワンポイントアドバイス

大根やきゅうりなどは短時間(1~2時間)で味が沁み、長く漬けると辛くなります。トマトは2~3時間後から1日が一番おいしいです。食べる分だけ漬けて、サラダ代わりにどんどん食べたら、新しい野菜を入れて漬けて、その間に、漬け汁をちょこちょこ調味料として使って、使いきるのがいいです。※所要時間に漬け込む時間は含みません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。