フライパンひとつで簡単牛トマ丼

所要時間:10分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物

 

トマトを使った、酸味が美味しい炒めもの

夏に旬を迎えるトマトは、ビタミンやミネラルが豊富な野菜です。最近は一年中いつでも食べられますが、つややかで真っ赤に熟れたものは、この時期以外手に入りにくいものです。

今回は、そのトマトを使った丼レシピを紹介します。トマトというと生のままサラダなどで食べることが多いですが、牛肉としめじと一緒に炒めてみました。トマトの酸味がさっぱりと食べやすく、ご飯にもぴったりと合う中華風の味。フライパンひとつで、簡単に、しっかりご飯が完成しますよ。

牛トマ丼の材料(1人分

牛トマ丼の材料
牛肉 80g
トマト (小)1個
しめじ 1/2パック
ニンニク 1片
鶏ガラスープの素 小さじ1
熱湯 小さじ2
少々
こしょう 少々
片栗粉 大さじ1
大さじ4
サラダ油 小さじ1
ご飯 1膳分

牛トマ丼の作り方・手順

牛トマ丼の作り方

1:下ごしらえをする

下ごしらえをする
牛肉を一口大に、トマトは食べやすい大きさでくし形に切ります。しめじは手で裂いておきます。にんにくは包丁の腹でつぶします。鶏がらスープはお湯で溶かしておき、片栗粉も水に溶かしておきます。
トマトは皮を湯むきをすると、口当たりがよくなりますが、面倒ならそのままでもOKです。

2:にんにくの香りをつける

にんにくの香りをつける
フライパンにサラダ油とにんにくを入れて弱火で炒め、香りが出たら、取り除きます。

3:

強火にして牛肉を炒め、色が変わったら、しめじ、トマトの順に加え、さらに鶏がらスープを回し入れて、混ぜます。
トマトは炒めすぎるとグズグズになってしまます。全体に油がまわったら、すぐに鶏がらスープを。

4:味ととろみをつける

味ととろみをつける
塩こしょうで味をととのえ、最後に水溶き片栗粉を回し入れて、とろみをつけたら、ご飯の上に乗せて、できあがり。できあがり写真には、あさつきを振っています。

ガイドのワンポイントアドバイス

手早く仕上げたいので、材料の準備は調味料も含めて、最初にすべて済ませておいてください。お好みで小松菜や青梗菜といった青菜も一緒に炒めても美味しいですし、栄養価もアップします。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。