安くて旨い!もやし鍋とピリ辛香味だれ

所要時間:10分

カテゴリー:汁物・スープ・鍋

 

節約鍋に、ピリッと美味しい旨辛つけだれ

寒い季節は、簡単に作れて、温まり、どんな食材でも美味しい、ひとり鍋がおすすめです。鍋料理の具材は肉でも魚でも野菜でも、冷蔵庫に残っているものでもOK。冷蔵庫掃除にもなり、いろんな食材を合わせることで旨みも栄養もたっぷりと摂ることができます。

今回は、お財布が厳しいときにも嬉しいリーズナブルで栄養豊富なもやしをメインに使った節約鍋と、それに合わせたつけだれを紹介します。

なお、お鍋が残ったとき、食べ切れなかったときの使いまわしアレンジレシピが『もやし鍋で作るピリ辛あんかけおこげ』にあります。あわせてご覧ください。


もやし鍋とピリ辛香味だれの材料(1人分

もやし鍋の材料
豚バラ肉 80g
もやし 1/2袋
50ml
鶏ガラスープの素 小さじ2
100ml
ピリ辛香味だれの材料
ニンニク 1/2片
生姜 1/2片
ねぎ 3cm
豆板醤 少々
ねり白ゴマ 大さじ1/2
醤油 大さじ1
ごま油 大さじ1/2
つけダレは、市販のポン酢やゴマだれでも美味しいです。

もやし鍋とピリ辛香味だれの作り方・手順

もやし鍋とピリ辛香味だれの作り方

1:土鍋に材料を並べる

土鍋に材料を並べる
土鍋にもやしを敷きつめ、その上に食べやすい大きさに切った豚バラ肉を並べます。

2:煮る

煮る
鶏ガラスープの素を水で溶き、酒と一緒に土鍋に加え、ふたをします。豚バラ肉に火が通るまで、弱火でじっくりと蒸し煮にします。

3:つけだれを作る

つけだれを作る
ニンニク・生姜・長ねぎをみじん切りにし、その他のつけだれの材料をすべて混ぜ合わせておきます。

4:できあがり

できあがり
肉に火が通ったら、できあがり。たれにつけて、いただきます。つけだれは濃いめに作ってあるので、鍋のだし汁を加えてお好みの薄さに調節してください。

ガイドのワンポイントアドバイス

食べ終わったら、残っただしに中華麺で〆がおすすめ。だし汁の味が薄いときは塩を少々足してください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。