アガリの克服に悩む人は多いが…

前回もお話ししましたように、「アガリを克服するのは無理」と私は考えています。

「自分がアガるのは、緊張感をもってプレゼンに臨んでいる証拠。だから悪いことではないんだ」。

そんなふうに発想を転換して、アガリとは一生うまくつきあっていくしかありません。

けれどもアガリを少しでも抑えたり、アガったときでも失敗しないための対処法なら存在します。今回はその方法について説明しましょう。

プレゼンは、備えあれば憂いなし

アガリを抑えるために、まず大切なこと。それはプレゼン前に、入念な準備をしておくことです。

以前勤めていた会社で、私は欧米人と二人一組になって、英語でのプレゼンをする機会が何度かありました。カナダ人や、イギリス人、ドイツ人など、いろいろな国のビジネスパーソンと一緒に組みました。

彼らと組んでみてわかったのは、その練習量の多さ。

「西野さん、来週のプレゼンに備えて、今度の土曜日は会社で練習がしたいんだけど、空いてるかな?」

と、私を誘います。

そして土曜日は、午後1時から6時ぐらいまでみっちり練習。

「ネイティブではない私に、英語プレゼンの仕方を教えてくれるのかな」と思っていたら、そんなことはありません。みんな自分自身のために練習するんですね。

私から見たら、彼らのプレゼンは十分合格の域に達しています。しかしそれでも何度も練習をくりかえし、私に改善点についてのコメントをもとめます。そしてさらにプレゼンの完成度を上げようとするのです。

不思議に思った私は、「何でそんなに練習するのか」と質問しました。返ってきた答えは、とてもシンプルで納得がいくものでした。

「だって練習しておかないと、本番のときに怖くてアガってしまうから……」


私たちは、「欧米人は子どものときから人前で話すのに慣れているから、日本人とは違って人前でもアガることなく話すことができる」と考えがちです。それも一面事実でしょう。

けれどもそれ以上に、プレゼン前にみっちりと練習をしているから、本番で自信をもって話すことができるんですね。

一方、ほとんどの日本人は、たいした練習もしないままプレゼンに臨みます。だから本番でアガってしまうのは、当たり前といえば当たり前のことなのかもしれません。

準備が万全であるほど、不安は小さなものになります。不安よりも自信のほうが大きければ、アガリは最小限に抑えることができます。「備えあれば憂いなし」なのです。

 

とはいっても、という方にアガリを抑えるワザを伝授