緊張しないストレッチの方法!

緊張しないストレッチ方法

緊張は誰でもするもの。だからこそ、緊張する前にストレッチと深呼吸でリラックスしましょう!

緊張するだけで、体に力が入り、自分の実力を発揮出来ず、「ああ、どうして……」と自己嫌悪に陥りがちに。特に、初対面の人と会う、会議でプレゼンをする時などは、体がコチコチ、心臓はバクバクに。実は、ガイドも人前で話すのがとっても苦手。緊張し過ぎると過呼吸になるのか?息が上手く吐けなくなり、声が震え、ますます上がってしまう経験が何度もあります。そこで、ガイドが人前で喋る時に緊張しないために心がけている事を、ちょっとご紹介しましょう。
 

人前で発表する時に上がらないポイント

◆1番目に発表する
まず、何か発言をしなくてはいけない時には、1番目に発表すれば、雰囲気によるプレッシャーは気になりません。発表している人の内容を聞いていると、誰でも自分より上手に喋っているように聞こえてしまうもの。だからこそ、胸の高鳴りが最高潮に達する前に、済ませてしまうのが得策です。もし順番の変更が可能であれば、ぜひ1番目をねらいましょう。

◆声のトーンを低くする
次に、声を低くして、落ち着いた雰囲気を出しましょう。女性が高い声で喋るとどうしても、うわずった感じになってしまうので、低めにゆっくり喋るようにしています。

◆緊張しないように体をほぐす
最後に、緊張しないように体をほぐすストレッチをする。緊張するとまず、肩に力が入り、首がすくんだ状態になります。すると、呼吸が浅くなり、声も小さくなり、自信がないように見えてしまいます。度胸のある人を“肝の据わった人”と言いますが、これは本当のこと。人はリラックスした状態だと、深い呼吸をお腹でし、怒りを感じたり、落ち着きがない時は肩で呼吸をします。ストレッチは、深い呼吸でゆっくり体を伸ばしていくので、呼吸も深まり、心身共にリラックスしてくるので、かなりオススメです。
 

椅子に座って簡単ストレッチver.

■1
動作1

動作1

1.椅子に座り、軽く握りこぶしを作る。
動作2

動作2

2.息を吸いながら、肩と耳をギューっと近づける。
動作3

動作3

3.息を吐きながら、肩をストンと落とす。この動きを10回繰り返しましょう。

■2
動作1

動作1

1.椅子に浅めに腰かけます。
動作2

動作2

2.右足を左足の上に乗せ、足を組みます。左手を膝の外側に置き、息を吸いながら、背骨を長く伸ばします。
動作3

動作3

3.息を吐きながら、上半身をゆっくり後ろに捩じる。この時、右手を椅子の背に置き、お腹→右肩を後ろに引き胸を開き→左目は右肩の先を見るようにし、首をゆっくり捩じる。反対側も同様に。
 

体を大きく動かし、全身ストレッチver.

動作1

動作1

1.椅子の横に立ち、椅子の背に手を置きます。
動作2

動作2

2.息を吸いながら、左手を上に伸ばし、ゆっくり右側に上体を倒す。この時真横に倒れるイメージで、左足裏で床を押すようにし、左体側を伸ばし、そのまま5呼吸。
動作3

動作3

3.そのまま左手を椅子の背に置き、背中をゆっくり伸ばし、そのまま5呼吸。
動作4

動作4

4.つま先を椅子の背の方向に向け、足の付け根が90度になる位置までゆっくり上体を倒し、そのまま10呼吸。反対側も同様に

いかがですか?椅子を使って、いつでも、どこでも簡単に出来る動きなので、緊張しそうな時には、ちょこっと動いて、体も心もほぐしましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。