炭火焼きも登場


・進肴
琵琶湖の「ホンモロコ」。
琵琶湖の「ホンモロコ」。
続いては、炭火焼き。琵琶湖の「ホンモロコ」を炭火を使って自分で焼きます。

琵琶湖の「ホンモロコ」は漁獲量が減ってきたこともあり、現在では高級魚とされている淡水魚。しかも、自分で焼いて食べる機会なんて、あまりありませんので、これはなかなか面白い体験でしたね。

琵琶湖の「ホンモロコ」。
炭火で焼きます。
「ホンモロコ」の骨はあまり固くないこともあり、焼きで食べてると抜群! 甘煮が一般的ですが、やはり食べるなら焼きが一番でしょう。


・凌ぎ
おぼろ豆腐。
おぼろ豆腐
箸休めではガラスの器に入った「おぼろ豆腐」が登場。器の透明感が何とも涼しげです。また、おぼろ豆腐にかけられているのは醤油ではなく、出汁のジュレ。これがプリンのカラメル部分のように上手く豆腐と絡み合い、とても食べやすい! これは家でも試してみたいアイデアです。
次ページでは、定番の白味噌椀を御紹介します