「ボン・キュッ・ボン」の美しいプロポーションづくりは、アンチエイジングを考える上で欠かせません。ワコール人間科学研究所が25年間に渡り約200人の女性の体型とライフスタイルを追跡調査しました。その結果、「初潮」の後、「更年期」までの間に、女性の体が大きく変化する時期が3回あることがわかりました。この3つのポイントに早めに気づき、それまでの生活習慣を見直していくことが美しいプロポーションを維持するコツ。まずは10代の体型から順にご説明しましょう。

10代~20代前半のボディ変化

■16~18歳の曲がり角~つぼみ期
バスト、ヒップ、太もも、うなじ、背中などに女性特有の皮下脂肪がついて、ふっくらとしたボディラインができるのがこの頃。成長ホルモンに代わって女性ホルモンが盛んに分泌され、肌のみずみずしさや弾力もある一方、肌トラブルも起こしやすい時期。筋肉や関節なども、まだ成長過程なので、ちょっとふっくらしても「キレイな花を咲かせるための大きなつぼみの時期」だと思って、しっかり栄養を摂りましょう。

■19歳~23歳頃の体型~黄金期
画像の代替テキスト
美しいボディラインが完成する20代前半までは無理なダイエットは禁物です。
ボディサイズがダウンして、ウエストのくびれができ、バストのボリュームも豊かになります。10代では大き過ぎていたヒップの形が整い、豊富に分泌されていた女性ホルモンの影響で過剰につきすぎていた皮下脂肪も少なくなり安定した大人の体になります。



10代後半~20代前半のボディケアのポイント:
無理なダイエットは厳禁!

画像の代替テキスト
代謝も活発なのでダイエットよりも肌を清潔に保ちましょう。
20代前半までは、心も体もまだ大人になる最後の仕上げの不安定な時期。無理なダイエットやカロリー制限をすることは、成長段階にある骨や関節などにとって大きなダメージになり、骨粗鬆症や貧血なども引き起こします。ホルモンバランスも悪いので肌トラブルも起こりがち。肌を清潔に保って、多少の体重増加やニキビなどを気にせず、体の成長に必要なタンパク質やミネラル分をしっかり摂りましょう。



次のページでは、「20代後半~30代前半までの体型の変化と対策」について、ご紹介します。