30代後半からのボディの変化

■37歳~39歳頃の曲がり角~体重増加やポッコリお腹の激変期
画像の代替テキスト
体のパーツが全体的に下垂気味になります。

女性ホルモンが顕著に減り始めるこの時期は、太ももや腕の脂肪増加は収まりますが、お腹まわりの体脂肪が急に増えます。エストロゲンというホルモンの分泌が減少して内臓脂肪が増えて、さらに代謝も悪くなり、痩せにくい体に。筋肉も衰えはじめ、骨盤や背骨が前傾して姿勢が悪くなります。バストは垂れるだけでなく、外側に広がるなど形が変わります。



■40歳以降の体型~加齢実感期
画像の代替テキスト
長めのブラジャーやビスチェでバストとウエストをすっきり。
40歳を過ぎる頃から、肉付きのバランスが大きく変化します。ヒップや太ももなどの下半身はサイズダウン、ウエストやアンダーバストは、ますます増加する上半身優位の体型になります。早い人では閉経する場合もあり、自律神経の低下で精神的に不安定になったり、更年期的な症状も現れます。肌のハリや弾力はさらに低下して、シワやたるみのほかにも、代謝が悪くなることでくすみも目立ちます。


40歳以降のボディケアのポイント:
軽い運動と5%ダウンの補整下着の活用

まっすぐな姿勢を60代、70代まで保ち続けるためにも、腹筋と背筋を育てましょう。筋肉量が減ってしまうと基礎代謝も悪くなり、どんどん痩せにくくなります。逆に筋肉が多い場合、運動すれば筋肉が脂肪を燃焼して、エネルギーとして消費してくれます。このサイクルを保てるように、軽い運動を行う習慣をつけましょう。
また全身の肌も弾力とみずみずしさを失っているので、体全体のボディメイクを支えてくれる、付け心地のいい下着を着けましょう。富山大学教授で下着の快適性に詳しい諸岡晴美さんによると「補整下着を買うときの目安としては、着たときのサイズダウンは5%程度に留めるのがいい」そうで、ウエ
スト70センチの人が下着を着用し、66.5センチくらいになる程度が一番です。

【関連ページ】


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。