店外の扉の横には正方形の小窓があり、そこには洒落たグラスに美しいカクテルが満たされ飾ってある。小粋な店に感じられて、入ってみたくなる。
『サムサラ』の扉を開けると目の前にポンと深紅のカウンターが現れる。こういう本格派バーのメインカウンターが深紅というのはとても珍しい。

カウンターの主は横山和久氏。長身の男前だ。物腰穏やかで、無駄のない動線でテキパキと仕事をする。'90年代にカクテル大会で活躍し、日本バーテンダー協会の全国技能競技大会で総合一位を獲得したこともある。

カウンターは6席、奥に4人掛けのテーブル席がふたつあるが、どこかリビングのような安らぎがある。ところがテーブル席から天井を見上げるとまた面白い。大きな円形のステンドグラスがはめ込まれているのか、と思うがちょっと違う。それはミクロアートだった。岡山らしく、桃仁エキスの顕微鏡写真だった。
小ぢんまりとした店だが、ところどころに洒落たアクセントが散りばめられている。

店が比較的空いている時、私はカクテルはカウンターで、ウイスキーはテーブル席に移って飲む。他の店では途中で移動することなどないのだが、『サムサラ』にはそんな行動を取ってしまう不思議な魅力がある。(写真・古川譲/『日本のグッドBAR』新潮OH!文庫より)

SAMSARA
岡山市田町2-1-1 木村ビル2階
Tel.086-221-5396 19:00~3:00 無休(年末年始休有り)

チャージ¥1000、ウイスキー¥600~、カクテル¥800~
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。