「肌のたるみやシワが消える!」「余分な脂肪のない顔になる!」と話題になった田中宥久子さんによる『造顔マッサージ』。

この『造顔マッサージ』理論は、顔のマッサージで余分な脂肪を散らし、老廃物をリンパに流すことで小顔に改善、さらに新陳代謝を活発にすることで肌にハリを蘇らせるものです。

これと同じ理論をボディにも応用し誕生したのが『体整形マッサージ』で、こちらも簡単&速効で効果が得られると評判。

そこで今回は、『造顔マッサージ』のボディ版『体整形マッサージ』のポイントを、ボディケア・ガイド自身が体験! その模様をご紹介したいと思います。
 

『体整形マッサージ』とは?所要時間はたったの5分!

田中
田中宥久子の『体整形マッサージ』(講談社)
田中宥久子さんによる『体整形マッサージ』は、体の筋肉の凝りをしなやかにすると同時に、血液やリンパの循環を良くして代謝を高め、必要のない水分や老廃物を排出させます。これが筋肉のリフトアップにつながり、体を自然に引き締め、痩せやすい体質へと導くのです。

また「ひと晩で3キロやせるのも夢じゃない!」と言われるほど、最短で最大の効果が得られるのも『体整形マッサージ』の特徴の一つ。その所要時間は毎日たった5分のみ! 「むくみがとれた」「冷え性が改善された」「体脂肪が落ちた」etcと、すぐに実感できるため、楽しく毎日マッサージが続くというわけです。

 

『体整形マッサージ』のやり方とポイント

1.鎖骨の上をプッシュ
鎖骨
 
足を肩幅に開いて立ち、体の前でクロスさせた両手4本の指で鎖骨の上をゆっくり押す。3秒押したら、指を離してまた3秒。これを3回行う。
 
2.脚のつけ根
脚のつけ根
 
両手とも親指以外の指を使い、脚のつけ根にUの字を描くように5回さする。リンパ節のある場所なので念入りに。

3.ひざ
ひざ
 
左脚を曲げたら、左手を膝の裏側に入れ、親指以外の4本の指でもむ。と同時に、右手は膝の内側に置き、円を5回描きながらなでる。右脚も同様に。

まず上の3ヶ所をマッサージするのですが、この部分には太いリンパが流れているので、スタート時に行うことで血液やリンパの流れが効率的に促進されそうです。

4.ヒップ
お尻
 
脚をクロスさせ、後ろになったほうの側のヒップを持ち上げる。両手を交互に使って30回さすり上げたら、逆側も同様に。

このマッサージ方法は非常に行いやすく、スムーズにヒップアップできると実感しました。

5.ウエスト
ウエスト
 
脚を肩幅に開いたら、腰の中央に両手を置き、そのまま前に向かって手を移動させる。
 
6.ウエスト
ウエスト
 
途中、体のサイドにきたら手首を返して、おへそまで持ってくる。やや圧力を加えながら、肉を寄せるようにするのがコツ。5回行う。



腰の後ろからサイドに圧力を加えながら肉を引き寄せることで、憧れの「くびれ」が実現しそうです!
  7.二の腕
二の腕
 
手全体を使って、二の腕の外側のタプタプしやすい部分をつかみ、内側へとねじり回す。左右5回ずつ。

たるんだ二の腕には、ぞうきん絞り風マッサージが効果的です。

8.背肉~サイド
サイド
 
そのまま手全体で圧力を加えながら、胸まで脂肪を引き寄せる。続けて、胸のやや下、ウエストと3~5段階で脂肪を移動。5回繰り返し、反対側も同様に。

だぶつきやすい背中から脇のラインにかけてのシェイプに期待が持てそうです。

9.首~デコルテ
首
 
首の後ろから首前まで手をすべらせ、そのままみぞおちに向かって一気におろす。この一連の動きを3回繰り返す。

このマッサージを朝晩のスキンケア時に行えば、デコルテラインが美しくなるだけでなく、顔色も冴えるのでは!?

10.脚
脚
 
脚を肩幅に開き、両手を脚の付け根部分に置いたら、体を前傾させながら、脚の前側をゆっくりなでおろす。

11.足首
脚
 
足首まできたら、そのまま足首をつかみ、手首でグルグルと回す。その後は脚の後ろもなでおろし、両手が足首まできたら同様に、手首で足首をグルグルと回す。




以上が、『体整形マッサージ』の簡単な解説です。

今回はピンポイントで説明しましたが、全工程を通して行ったとしても5分程度で終了するのが『体整形マッサージ』。よって、時間のない忙しい方には手軽で非常に効率的な方法ではないでしょうか。

田中宥久子さんの信念は、私達にとっての一番の願い……「女性はもっと簡単に、自由に、楽しく美しくなれる」とのこと!

『体整形マッサージ』を楽しく続けて、贅肉のない美しいボディラインを実現させましょう。

【 関連記事 】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。