魚がふっくら仕上がる 白身魚の簡単ブイヤベース風

所要時間:30分

カテゴリー:ブイヤベース

 

魚がふっくら仕上がる 白身魚の簡単ブイヤベース風

鯛やイサキ、メバルなど白身の魚一尾を使った、フライパンで作るブイヤベース風の一品。簡単なうえ、スープは品のある味わいに、魚の身もふっくらと仕上がります。

ブイヤベースの材料(2~3人分

白身魚の簡単ブイヤベース風の材料
またはめばるなど白身魚 1尾
ねぎ 10cm程度
たまねぎ 1/4個
にんじん 1/3本
セロリ 10cm程度
パセリ 軸 1本
ニンニク 1/2片
唐辛子 1本
サフラン ひとつまみ
白ワイン 1カップ
1カップ
小さじ1/4
こしょう 適宜
オリーブオイル 適宜
下準備:魚は三枚におろし、アラをぶつ切りにする。あるいは、鮮魚店、スーパーの鮮魚売り場で三枚に下ろしてもらい、アラはぶつ切りにしてもらう。アラは、塩をして少し置き、熱湯をかけて血合いなどを流水で洗っておく。

ブイヤベースの作り方・手順

白身魚の簡単ブイヤベース風の作り方

1:すべての野菜を一緒に火にかける

すべての野菜を一緒に火にかける
玉ねぎ、長ねぎ、にんじん、セロリ、にんにくは薄切りにし、パセリの軸、唐辛子とともにオリーブオイルを入れたフライパンに入れて弱めの中火にかけ、香りが出て、玉ねぎが透明になったら、魚のアラと白ワイン、水、サフランを加える。

2:アクは丁寧に取る

アクは丁寧に取る
沸騰したらとろ火にし、アクを取りながら7~8分煮込む。

3:フタをして蒸す

フタをして蒸す
塩(分量外:魚の切り身の1%程度)とこしょうをした魚の身を載せ、フタをして、火が通るまで蒸し上げる。アラとパセリの軸をを取り除き、皿に盛って完成。

ガイドのワンポイントアドバイス

魚はぐつぐつの煮込んでしまうのではなく、最後に加えてふっくらとするまで蒸し上げます。煮汁は漉して供せば、より洗練された仕上がりになります。アイオリソースなどをつけて食べてもおいしいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。