アリスタの意味とは?アウトドアにもうってつけ

アリスタの意味と作り方とは

ローズマリーと広葉樹の香ばしい香りに包まれて…

15世紀にフィレンツェの宗教会議の昼食に出された、といわれる由緒正しい料理です。このとき、ギリシャから来た高僧たちがこれを食べ、「アリストス(ギリシャ語で最高のもの、という意味)」だと認定したのが、アリスタという名前の由来だと言われています。とにかく古くからある料理で、作り方も素朴そのもの。しかしその素朴さゆえにアウトドアで作るのには最適です。
 

アリスタの作り方!豚肉のイタリア風炭火焼きレシピ

豚肉の塊(ロース、肩ロース、バラなど):500g~2kg
ローズマリー:2~3枝
ニンニク:1~2片
:適宜
黒コショウ:適宜

焼くだけ、というごくシンプルな料理で、それだけに肉の質の良し悪しが味に反映されます。できるだけ美味しい肉を使ってください。骨付肩ロース肉を焚火で焼くのが本来の形のようですが、今ではオーブンを使うのが一般的です。ここでは本来の形をちょっと意識して、炭火で焼きました。2kgぐらいの大きな塊で作ると美味ですが、今回はスーパーで手に入るような700gぐらいのブロックを使っています。

せっかくですから巨大な肉塊を買ってキャンプなどで作ってみても良いですよね。そのときは15世紀のやり方そのままに串に刺して焚火の上でグルグル回しながら焼くのが一番でしょう。
 

アリスタの作り方手順

ニンニクを切る
肉に刺しやすい形に切る
ニンニクを半分に切り、中心の芽の部分を取り除き、くし型に切ります。
 
穴を開ける
ぺティナイフの先を肉に差し込み、ちょっとひねる
ニンニクとローズマリーを差し込む穴を肉に等間隔に開けます。あまり大きくしすぎないように。小さい穴なら焼いているうちにふさがってきます。
 
刺す
写真では見えるように刺しているが本当は奥までぐっと差し込む
塩と黒コショウを肉によくすり込みます。続いてローズマリーの葉を枝からちぎり、数本ずつ肉に刺します。ローズマリーと交互に切ったニンニクも刺してゆきます。
 
整形
縦にも縛ると形の崩れが防げる
焼いているうちに形が崩れてこないようにタコ糸を横にぐるぐると巻き、縦にもひと巻きします。巻くときに写真のようにローズマリーの枝を間に挟むとよいでしょう。





 
焼く
炭火で。最初は遠火の強火
いよいよ焼きます。炭火を起こし、その上に載せ、こげ色がついたら別の面を焼く、というのを繰り返し、表面全部に焼き目が付くようにします。





 
香りづけ
木を入れるとじわじわと煙が上がってくる
せっかく外で焼くのですから、自然の木で香りをつけましょう。ナラの小枝を採り、炭火の中に入れます。サクラやヤマブドウの枝などでも良いでしょう。
 
じっくり焼く
肉が香ばしいナラの木の煙に包まれる
木に火がつき煙が上がってきます。火が落ち着いてきたら、まめにひっくり返しながら、弱火で根気よくじっくり焼きます。大きさにもよりますが2時間ぐらいはかかるでしょうか?

炭火を囲んでビールを飲みながら談笑したり、他の肉や魚、野菜を一緒に焼いて食べるなどしていれば、あっという間に時間は過ぎますよ。串を刺して、透明な液体が出てくれば完成です。
 
完成
アリスタ

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。