10分で完成! 鶏つくねのおにぎりサンド

所要時間:10分

カテゴリー:メインのおかずつくね

 

10分で完成! 鶏つくねのおにぎりサンド

薄いおにぎりでサンドした鶏つくねと、食感のやわらかいごぼうのキンピラを一緒にサンドして召し上がれ。食べやすいように、おにぎり用のグラシン紙(水気をはじく紙)で包んでいます。最近はかわいいプリント柄が販売されています。

・鶏つくねに絡める甘辛タレは、下準備として合わせておいた方が短時間で調理ができます。
・ごぼうをささがきにしていますが、歯ごたえが欲しい方は、斜め千切りや繊維に沿った切り方などで食感を変えることができます。
・鶏つくねを蒸し焼きをし始めたら、キンピラを炒め始めるのが10分で完成するコツです。

調理スタート  
↓ おにぎりを薄くしてトースターで焼く(おにぎりサンド)
↓ うずらの卵をカレー液に漬ける(カレーうずら)
↓ ごぼうとにんじんを切る(キンピラ)
5分
↓ 鶏つくねのタネをつくり焼く(おにぎりサンド)
↓ ごぼうとにんじんを炒める(キンピラ)
完成

※おにぎりサンド:おにぎりサンド 鶏つくね
※カレーうずら:カレー味のうずらの卵
※キンピラ:ささがきごぼうのキンピラ

鶏つくねのおにぎりサンドの材料(1人分

おにぎりサンド 鶏つくねの材料
ご飯 200g
少々
鶏ひき肉 100g
こしょう 少々
砂糖 小さじ1
生姜 小さじ1/4(しょうが汁)
大さじ1(溶き卵)
パン粉 大さじ1
片栗粉 大さじ1/2
サラダ油 小さじ1
小さじ1
おにぎりサンド 鶏つくね<甘辛タレ>の材料
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
大さじ1
砂糖 小さじ1
ささがきごぼうのキンピラの材料
ごぼう 50g
にんじん 15g
ごま油 小さじ1/2
砂糖 大さじ1/2
大さじ1/2
みりん 大さじ1/2
醤油 大さじ1/2
いり白ごま 少々
カレー味のうずらの卵の材料
うずらの卵 2個~4個
カレー粉 小さじ1/4
醤油 小さじ1/2
大さじ1

鶏つくねのおにぎりサンドの作り方・手順

おにぎりサンド 鶏つくねの作り方

1:

ごはんは4等分にして、丸く平らにのばして塩を振り、オーブントースターで軽い焼き目をつける
ラップを使うとのばしやすいです

2:

甘辛タレの材料を全部合わせておく

3:

ボールに鶏ひき肉、塩コショウを加えてよく混ぜ、砂糖、しょうが汁、溶いた卵、パン粉を加えて更に混ぜ、最後に片栗粉を加えて混ぜる

4:

手にサラダ油をつけ、小判型に成形し、サラダ油を熱したフライパンで焼く

5:

中火で片面2分、返したら酒をふり、蓋をして弱火で2分焼く
合わせておいた甘辛タレを絡め、照り良く煮詰める

ささがきごぼうのキンピラの作り方

6:

ごぼうはささがきにして、水にさらす

7:

にんじんは斜め千切りに切る

8:

歯ごたえが欲しい方は写真右の切り方(斜め切り)、もっと歯ごたえが欲しい方は写真左の切り方(繊維に沿って切る)で。
お好みの切り方で食感をお楽しみください。

9:

フライパンにゴマ油をひいて加熱し、ごぼうとにんじんを加え軽くしんなりするまで炒める

10:

砂糖、酒、みりんを加えて炒めて全体が馴染んだら、しょう油と白ゴマを加え水分がほぼ無くなったら火を止める

カレー味のうずらの卵の作り方

11:

カレー粉、しょう油、水を合わせてよく混ぜ、うずらの卵を漬ける


【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。