レンジで5分、あったか豚汁スープジャー弁当

所要時間:10分

カテゴリー:味噌汁豚汁

 

レンジで5分、あったか豚汁スープジャー弁当

寒い日は温かいお弁当が何よりのごちそう。温かい汁物や煮込み料理がお弁当で熱々のまま食べられたら、こんなにうれしいことはありません。お弁当の新定番の1つとしておなじみとなったスープジャーなら、それが可能。長時間高温での保温ができるため、ただ温かさを維持するだけでなく、ゆっくりゆっくり食材を煮込む効果があります。

スープジャーの機能を十分生かすコツは、食材や汁を熱々の状態で容器に詰めて、すぐフタをすること。移し替える段階でどうしても温度は下がってしまうので、詰める直前までできるだけ温かい状態にして、熱が逃げないようにすぐにフタをしましょう。また、スープジャーをレンジ加熱で時短調理する時は、500ml以上の容量がある耐熱性のガラス計量カップがとても重宝します。計量してそのままレンジ加熱ができ、しかも水分が多いものも加熱可能。食材の様子も目で確認できます。

今回は、熱通りのよい豚挽肉を使ってさらに時短。たくさんの根菜をレンジで計5分加熱してジャーに入れておけば、数時間後に食べる時は野菜にもじっくり味がしみておいしい豚汁を楽しむことができます。

レンジ5分の時短豚汁弁当の材料(1人分(300mlサイズ)

スープジャー豚汁
豚ひき肉 大さじ2
大根 1.5cm
にんじん 2cm
ごぼう 8cm
ねぎ 8cm
日本酒 大さじ2
約200ml
味噌 大さじ1
今回は、300mlサイズのものを使用しました。

レンジ5分の時短豚汁弁当の作り方・手順

豚汁スープジャー弁当

1:だいたいの計量をする

だいたいの計量をする
 食材が全部スープジャーに収まるか、おおよその目安として計量してみると無駄を出さずに作ることができる。
使用する食材を入れてみて、皮をむく分とすき間をひいてスープジャーの容量に収まるかを確認する。


2:野菜を切る

野菜を切る
大根とニンジンは皮をむき、それぞれ半月またはくし形などの食べやすい大きさに切る。ゴボウとサツマイモは表面をたわしで洗い乱切りなどにして水につけてアク抜きする。ねぎはぶつ切り。 熱々でスープジャーに入れれば、食べる際には野菜は十分やわらかくなっているので大きさはあまり気にしなくてOK

3:豚肉に火を通す

豚肉に火を通す
耐熱ガラスの計量カップに、豚挽肉と酒を入れる。肉をほぐすようにして混ぜたら、600Wで1分30秒レンジ加熱する。肉に完全に火が通っているのを確認し、表面に浮いたアクをすくいとる。 グツグツと煮たって肉に火が完全に通っていること。

4:野菜と水を加えてレンジ加熱

野菜と水を加えてレンジ加熱
切っておいた野菜と水を加え、再度レンジ加熱する。600Wで3分。 ここで野菜に完全に火が通っていなくても全く問題なし。

5:味噌を溶いて再加熱

味噌を溶いて再加熱
一度取り出し、味噌を溶く。再度、600Wで30~40秒レンジ加熱。 グツグツ再沸騰したら取り出してOK。

6:熱々のうちにスープジャーに注いでフタをする

熱々のうちにスープジャーに注いでフタをする
グツグツと煮立ったらレンジから取り出し、すぐに熱々のままスープジャーへ移し替える。すぐにフタをする。2時間ほど経てば野菜が十分にやわらかくなり、味がよくしみる。

ガイドのワンポイントアドバイス

今回の豚肉をはじめ、その他食肉や魚介類などの生ものは、必ず完全に火を通しましょう。保温性が高いからと過信するのはNG。野菜は、スープジャーに移し替える際に完全に火が通っていなくても心配ありません。ただし、汁が熱々の状態ですぐに詰めてフタをし、できるだけ熱を逃がさないことが大切です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。