水切りヨーグルトは離乳食期に重宝

水切りヨーグルトは離乳食期に重宝

水切りヨーグルトは離乳食期に重宝

いろいろと便利な水切りヨーグルト
「水切りヨーグルト」は、離乳食期に知っておくと便利なレシピの1つ。お誕生日ケーキの生クリームの代わりとしても定番。簡単に作る方法を覚えておくといいですね。ヨーグルトのままよりも、固くなるので生クリームのように成型できる上、生クリームよりも脂分が少ないので離乳食向けといえるのです。
 
また、和え物にも最適!水分がほどよく抜けて食材と絡みやすくなるのも嬉しいですね。離乳食期では食べにくい葉物(ほうれんそう等)も食べやすくなりますよ。
   

水切りヨーグルトが離乳食にいい理由……ヨーグルトの栄養

ヨーグルトは牛乳に比べてカルシウムが豊富です。しかも、カルシウムとリンが効率よく吸収されやすい比率(約同量ずつ)で含まれています。これは骨の中の比率とほぼ同じとのこと。いろいろ発達が気になる乳幼児期だから、しっかり摂りたいですよね。

水切りヨーグルトの作り方

■材料(作りやすい量)
プレーンヨーグルト 1カップ分
塩   1つまみ

■作り方
 
1.ボウルの上にザルをのせ、ザルにクッキングペーパーをしいてから、ヨーグルトをのせて、塩をまぜて30分ほどおいておく。(上から重しをするとさらにスピードアップ!!)
 
 
2.ボウルに水分がたまり、ペーパーの上のヨーグルトがスプーンなどの跡がつくくらい固まったら、ざるからあげておく。
量が少なければ、ザルではなくてもコーヒードリップのフィルターでも出来ますよ。お試しあれ!
 

水切りヨーグルト作りで余った水は何?

いろいろと便利な水切りヨーグルト
今回のレシピでヨーグルトを水切りして、ボウルに溜まった液体は、乳清(ホエー)といいます。この乳清(ホエー)は、高蛋白・低脂肪で栄養価が高いので、最近はこのホエーを豚のえさとして与えると、肉が美味しくなるといわれ、「ホエー豚」というのが出回っているくらいです。
 
せっかくなので今回出来たホエーにはちみつ、レモン汁を加えてママが飲んでしまいましょう!

※離乳食・幼児食は、誤った方法による実践に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。月齢や年齢に応じた食材を使用し、衛生面や食物アレルギーを十分に考慮したうえで、正しい方法で行ってください。気になる症状がある場合は自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。