1歳からの簡単幼児食レシピ!野菜たっぷりお好み焼き

カテゴリー:ご飯・麺・粉物お好み焼き

 

野菜たっぷり!幼児食「お好み焼き」

「野菜をたくさん食べさせたい!」というのは、育児中のお母さんにとっては大きなテーマですよね。野菜をたくさん摂るには、いろいろなメニューがありますが、今回はもっとも手軽な「お好み焼き」の作り方をご紹介します。

野菜を食べさせたいのに「お好み焼き」というのは、ちょっと以外かもしれませんが、作り方によっては、野菜をたくさんいれて、なおかつフックラした仕上がりにすることができます。

より多くの野菜を使ってお好み焼きを作りたい場合のポイントは下処理にあります。小さく切った野菜をあらかじめ電子レンジで加熱し、かさ(ボリューム)を減らします。こうすることで、生地ともまざりやすくなり、しかも柔らかい食感になるので、1歳ごろの食事にちょうど良い仕上がりになります。

野菜たっぷりお好み焼きの材料(6~8枚分

野菜たっぷりお好み焼き
キャベツ 葉 2~3枚分
にんじん 約1/5本分
しめじ 約8本
小麦粉 大さじ1
溶き卵 1個分
だし 和風だし 大さじ1
和風だしは、ベビーフード用や無添加だしなど市販のものをお湯に溶いたものでもOK。

野菜たっぷりお好み焼きの作り方・手順

野菜たっぷりお好み焼きの作り方

1:

野菜(キャベツ、にんじん、しめじ)をすべてみじん切りにします。

2:

みじん切りにした野菜を耐熱ボウルにいれ、やわらかくラップをかけて約1分半~2分加熱します。

3:

2を電子レンジからとり出し、粗熱が取れたら、小麦粉を加えます。

4:

小麦粉と野菜をあえるように、よく混ぜます。

5:

4に卵と和風だしを加えてさらによく混ぜます。

6:

あらかじめ熱してあるフライパンに薄くごま油を敷き、生地を6~8等分に分けて焼きます。(弱火)

7:

途中で裏返して、両面にほどよい焼き色がついたら出来上がり!

8:

切って断面を見せて盛り付けます。

ガイドのワンポイントアドバイス

作ったものはラップに包んで冷凍し、1週間以内を目安に食べきってください。冷凍したお好み焼きを食べる時には、1分半ほど加熱してください(時間は、電子レンジによって異なります)。野菜の水分などによっても異なるので生地の固さは小麦粉で調節してみてください。※離乳食・幼児食は、誤った方法による実践に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。月齢や年齢に応じた食材を使用し、衛生面や食物アレルギーを十分に考慮したうえで、正しい方法で行ってください。気になる症状がある場合は自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。