確定申告/確定申告の基礎知識

今さら聞けない、確定申告って何?

確定申告とは、1年間(1月1日~12月31日)に所得のあった人が所得税と復興特別所得税の額を「申告納税」する、また納め過ぎた所得税と復興特別所得税の「還付申告」をする税務処理のこと。原則、翌年の2月16日~3月15日に行います。どんな人が確定申告をする必要があるかを確認しましょう。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

確定申告には「申告納税」と「還付申告」がある

確定申告って何?!
1年間の所得税額を「申告納税」する、また納め過ぎた所得税を「還付申告」するのが確定申告です
1年間(1月1日~12月31日)に所得のあった人は、「所得税と復興特別所得税(=以下「税金」とする)」の金額を計算し、確定申告書を提出して申告・納付します。これが確定申告の申告納税で、原則(※)翌年の2月16日~3月15日に行います。

また確定申告には、所得間の損益通算や所得控除、税額控除などから所得税の再計算をして納めすぎた税金を還付してもらうための還付申告があります。代表的なものに医療費控除、住宅ローン控除が挙げられます。還付申告する場合の申告期間は、翌年の1月1日~3月15日(※)と、1カ月半早くスタートします。

(※)年によって申告期間が変更される場合があるため、国税庁HPで確認を。

所得は、利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、退職所得、譲渡所得、山林所得、一時所得、雑所得、以上11種類に分類され、それらの所得を所定の手順で計算、税額を算出して申告納税します。

このうち、通常の利子所得は20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%)が源泉徴収されているので申告は不要です。また給与所得も、前の年分の所得からその年分の所得を予想して、それに基づいて算出した税額を事業所が給与から代行徴収・納付し、年末調整で本来納めるべき税額との精算を行うので、原則確定申告をしなくてもよいのです。

次のページでは、「確定申告をして税金を納めなければいけない人」「確定申告を行うと税金が還付される可能性のある人」とはどんな人なのかを解説します。

更新日:2014年01月30日

(公開日:2005年01月27日)

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する