春野菜たっぷりの胡麻リゾット

カテゴリー:ご飯リゾット

 

春野菜たっぷりの胡麻リゾット

フライパンだけで作れる簡単ごはん、旬の春野菜をたっぷり使ったシンプルなリゾットです。 ゴマを加えて、味わいも栄養バランスもよりよいものにしてあります。 リゾット作りのコツは以下の3つだと私は思います。

1.弱火にせず、ずっと中火で火を入れ続ける。
2.スープ(または水)を少しずつ加える。
3.あまり混ぜない(日本の米の場合、混ぜると粘りが出てしまう)。

これを心に留めて、ぜひ、挑戦してみてください。

春野菜たっぷりの胡麻リゾットの材料(3人分

リゾットの材料
2合
鶏胸肉 1枚
新たまねぎ 1個
さやえんどう 50g程度
菜の花 100g程度
アスパラガス 4~6本程度
すりゴマ 大さじ2
1L程度
小さじ1
野菜は、ほかにスナップエンドウ、グリーンピース、そら豆、春キャベツなどを入れても美味。水の代わりに自分でとった鶏がらなどのスープを使うとより味が深まります。

春野菜たっぷりの胡麻リゾットの作り方・手順

リゾットの作り方

1:

スライスした新たまねぎを、油を入れて中火にかけたフライパンで炒める。

2:

たまねぎがしんなりしたら、ぶつ切りにし、塩(分量外)とこしょうをした鶏胸肉を加える。 鶏肉に焼き色がついたら米を加えてよく混ぜ、米に油がまんべんなく絡むようにする。

3:

すりゴマ、塩、水を50cc程度加える。米が水を吸ってなくなったら、また50~100ccずつ、水を加えてゆく。これを何度も繰り返す。

4:

アスパラガスは根元に近い部分は皮をむき、4cm程度の長さに切る。さやえんどうは筋を取る。菜の花も4cm程度に切る。

火を入れてから10分程度経ち、米の芯がなくなってきたら野菜をどさっと米を覆うように入れ、ふたをする。 野菜に火が通り、米に芯がわずかに残る程度になったら完成。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。