三月にしておきたい庭仕事

ハクモクレン
花木も咲き始め、庭にも華やかさが戻ってくる
  • 三月の草花管理
  • 宿根草の株分け、植え替え
  • 芝生の手入れ
  • 三月の庭木管理
    桃の節句、啓蟄(けいちつ)、春分と日々春めいていき、ガーデニングも本格始動の季節です。
    戸外での作業が多くなります、ガーデニング用品だけでなく、花粉症の方はマスクやゴーグルを、日焼けが気になる方は日焼け止めなども準備しましょう。

    それでは次項から、具体的な作業内容について見ていきましょう。
    なお、それぞれの項目に関して解説した「ガイド記事」、関連する「おすすめINDEX」へのリンクもありますので、そちらもご参照ください。
    ※作業内容は、一つの目安です。お住まいの地域の気候により、作業適期がずれる場合があります。

    発芽
    種まき、苗の植えつけなど、庭仕事は忙しさを増す

    三月の草花管理

    草花の種まきや苗の植えつけの他、ハーブや家庭菜園もスタートの時期です。
    種まきは各々種袋に記載されている発芽適温に留意し、適温に達していない場合はフレームを使うなど、温度を保つくふうをします。(市販されている一年草の大半は、ヤエザクラが咲く頃を目安に種まきをすると失敗が少ないでしょう。)
    種まきには、清潔な用土を使います。
    用土は、あらかじめ充分吸水させておきます。
    ペチュニアやロべリアといった好光性種子(光を好んで発芽するもの)には薄く覆土、 ニゲラやケイトウといった嫌光性種子には、厚めに覆土します。
    発芽までは、用土が乾燥してしまわないように注意してあげましょう。

    庭は、春分の頃には昨秋施した霜よけを外して、芽出しの草花に良く日が当たるようにしてあげます。
    ただし、気候はまだ不安定です。
    天気予報で翌朝冷え込みそうなときは、鉢を軒先に取り込んだり、花壇にベタがけをする、苗カバーをかけるといった対策を施します。
    特に寒冷地では、ゴールデンウィーク頃までは遅霜に注意が必要です。

    花壇に苗を植え付ける場合は、事前に花壇の土を良く耕しておき、堆肥などをすきこんでおきます。
    また土の酸度が強い場合は、苦土石灰をまいて酸度調節しておきます。
    (草花に適した土は、弱酸性~中性(ph5.5~7)くらいです)
    土の酸度計測用のリトマス紙が市販されていますので、それを使うと家庭でも簡単に酸度を測ることができます。

    室内に取り込んでいた鉢物を戸外での管理に切り替えるときは、いきなりではなく少しずつ戸外での時間を多くして、環境の変化に慣らしていきましょう。

    花壇
    苗は余裕を持って植えよう。ギュウギュウに詰めて植えると根が成長できず、株も広がらない。
    花壇への苗の植付けは、これからの成長を考えてポット1~2つ分株間をあけて植えましょう。
    植付け後は株元をマルチングしておくと、寒さや乾燥、泥はね等を防ぐことができます。

    春分を過ぎると、ダリアやグラジオラスなど春植え球根の植えつけ適期に入ります。
    良い球根を選んで、買い求めておきましょう。
    秋に植え付けた球根でクロッカスやスイセンなどは、ちょうど花を楽しめる頃ですね。
    花が終わった球根植物は、お礼肥を施して来年も楽しめるように球根を太らせてあげます。肥料は、速効性の化成肥料か、液体肥料を薄めたものを使います。
    また、花が終わっても光合成で球根に栄養を蓄えていますから、葉は自然に黄変するまで切らずに残しておきましょう。

    * 関連ガイド記事 *
    【種から育てる花】
    【花壇を作ろう!】
    【寒さはチープに乗り切ろう!】
    【球根を植えよう!】

    次ページは、宿根草の株分け、植え替え、芝生の手入れ、三月の庭木管理についてお話します>>次ページへ