毎日のお助けレシピ/節約おかずレシピ

牛鍋のレシピ!味噌味が濃厚な鍋の作り方

安い牛肉でもおいしく食べられる、土手鍋風のすき焼き「牛鍋」の作り方・レシピをご紹介いたします。寒い日は、カラダの芯まであったまるスタミナ鍋料理がお勧めです。簡単で作りやすいのも魅力。ぜひお試しくださいね。

大石 寿子

執筆者:大石 寿子

毎日のお助けレシピガイド

牛鍋のレシピ!味噌味が濃厚な鍋の作り方

カテゴリー:汁物・スープ・鍋

牛鍋の簡単なレシピ!味噌が牛やしらたきの味を引き立てる

今日の料理は、牡蠣の土手鍋とすき焼きをドッキングさせた、味噌味のすき焼きといった感じのお鍋です。普通のすき焼きよりコクがあって濃厚で、カラダがほかほか温まります。牛肉は安いものでかまいません。味噌だれがクサミを吸収して、肉には旨味だけがまとわりつきます。
 

牛鍋の材料(2~3人前)

牛鍋の材料
牛もも肉300g (スライス)
白菜1/4コ
しらたき1コ
豆腐1/2~1丁
えのき1袋
ねぎ2本(又は玉ネギ)
ニンニク少々(スライス1~2枚)
牛脂1片
大根お好みで
お好みで
うどんお好みで
人数分
だし2カップ
大さじ3
みそだれの材料
味噌50g
砂糖40g
赤ワイン大さじ1(なければ清酒)
醤油大さじ3

牛鍋の作り方・手順

牛鍋の作り方

1具材を適当に切る。

白菜、ネギ、しらたき、豆腐を適当に切る。エノキは石づきを切り落としてサッと洗ってほぐす。 味噌、砂糖、しょう油、赤ワインを混ぜて味噌だれを作る。
白菜、ネギ、しらたき、豆腐を適当に切る。エノキは石づきを切り落としてサッと洗ってほぐす。 味噌、砂糖、しょう油、赤ワインを混ぜて味噌だれを作る。

2すき焼き鍋を温める。

すき焼き鍋を温め、牛脂を炒めて鍋底全体に伸ばし、にんにくを炒めて鍋に香りをつけて取り出す。(気にならなければ入れたままで良い。)
すき焼き鍋を温め、牛脂を炒めて鍋底全体に伸ばし、にんにくを炒めて鍋に香りをつけて取り出す。(気にならなければ入れたままで良い。)

3具を並べる。

具を並べ、酒をふりかけ、だし汁を1カップ注ぎ入れる。
具を並べ、酒をふりかけ、だし汁を1カップ注ぎ入れる。
残りのだし汁は、食べてる途中、味が濃くなった時に継ぎ足す分。

4煮立ったら味噌だれの半分を肉の部分にかける。

煮立ったら味噌だれの半分を肉の部分にかけ、残りを具の上にまわしかける。
煮立ったら味噌だれの半分を肉の部分にかけ、残りを具の上にまわしかける。

5完成

混ぜながら煮て、煮えたものから溶き卵にくぐらせて食べる。
混ぜながら煮て、煮えたものから溶き卵にくぐらせて食べる。
汁が煮詰まって辛くなれば、だし汁か湯を加える。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます