ワンタンの皮で作る、パリパリひとくち餃子

カテゴリー:メインのおかず餃子

 

いつもより、包み易く焼き易く香ばしい餃子

ギョウザの皮をワンタンの皮に替えると、包むのも焼くのも簡単で手早く作れます。 しかも、パリッと焼けたワンタンの皮が大変香ばしく、ギョウザの皮で作るいつものギョウザとは、ひと味違ったおいしさになります。

ひとくち餃子の材料(5~6人前

ひとくち餃子の材料
ワンタンの皮 3袋
豚ひき肉 300g
キャベツ 6枚
ねぎ 2本(細め)
にら 1束
サラダ油 適量
味付け調味料
ニンニク 小さじ1 おろしたものを使用
生姜 小さじ1 おろしたものを使用
小さじ1/2
こしょう 適量
醤油 大さじ2
砂糖 小さじ2
ごま油 大さじ2
片栗粉 大さじ1と1/2

ひとくち餃子の作り方・手順

ひとくち餃子の作り方

1:

洗ったキャベツの葉をポリ袋に入れ、口を下に折り込んで、電子レンジ(600W )に2~3分かけてしんなりさせ、みじん切りにし、両手で握って水気を絞る。長ネギ、ニラをみじん切りにする。

2:

ひき肉、しょう油、砂糖、塩、コショウ、にんにく、ショウガ、片栗粉、ごま油を手で練り混ぜ、(1)の野菜を加えて混ぜる。

3:

ワンタンの皮を左手にのせ、真ん中より向こう側に具をのせ、三角に折り返し、指の腹で押してくっつける。

4:

テフロン加工のフライパンを熱して、ギョウザを並べる。 このとき、ギョウザとギョウザがあまり重ならないようにした方が、皮のパリパリ感が多く出ます。

5:

皮がやっと浸かる程度に熱湯を注ぎいれ、蓋をして、強めの中火で焼く。

6:

水分がなくなったら、蓋を外し、サラダ油を少々鍋肌から回し入れ、パリッと焼き上げて皿に取る。ラー油と酢醤油を添える。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。