しやなか伸び伸びエクササイズ【応用編】

下半身、特に骨盤周辺は鍛えにくいところですが、ゆっくりと筋肉を伸ばすことによって、血液の流れが活発になります。血液の流れをよくすると体温があがり、代謝がアップ! そしてこれこそがダイエットにも繋がるのです。では、さっそくエクササイズを始めましょう。

応用エクササイズ1
股関節と太ももストレッチ膝を曲げた脚をフレックスクッションの前に。もう片方はなるべく真っ直ぐ、後ろへ伸ばし、30秒キープします。このとき、頭頂部が天井に伸びていくようにイメージしましょう。反対側も同様に。

応用エクササイズ2
痛気持ち良さを感じて!割り座になって、フレックスクッションに仰向けになり、両手を頭の先に伸ばしましょう。このまま30秒キープします。このとき、ちょうど骨盤がクッションの一番上にくるように調節しましょう。

応用エクササイズ3
ヒラメ筋をググッと伸ばす!フレックスクッションに立ち、ゆっくり前屈して30秒キープします。このとき、脚の裏の伸びていく感覚を味わいましょう。足の疲れも取れますよ!


骨盤は全身の動作のベースになるとても重要なパーツです。ですが、普段から使ってあげないと、すぐにに凝り固まってしまう厄介な部分でもあるんです。だからこそ、骨盤を動かしてほぐしてください。同時にインナーマッスルやコアの筋肉が刺激できるので代謝アップにも効果的。腰痛や冷え性の予防にも効きそうですね。


【関連サイト】
  • サンテプラス株式会社 ホーム


  • 【関連リンク】
  • もっと骨盤エクササイズを知りたい人はコチラ
    3分骨盤矯正で手に入れるヒップコンシャス

  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。