スタビライゼーションとは?筋肉、体幹を簡単に鍛えられる!

イメージ
男性は締まった胸部と腹部、女性は整ったヒップと締まった足首で魅力度UP!
薄着になるこれからの季節、男性も女性もボディラインが気になりますよね。今からしっかりシェイプアップして、いざというとき恥ずかしくないカラダにしておきたいもの。

そこで私がオススメしたいのは「スタビライゼーション」です。耳慣れない言葉だと思いますが、これはドイツなど欧米の医療機関で行なわれていたリハビリ体操から派生した新エクササイズ。ダンベルやマシーンなどを一切使わず、静止ポーズをとるだけなのですが、これがかなり筋肉に「効くーッ」って感じなんです。

今回は、週3~4回、3週間で効果が実感できるエクササイズをご紹介します!


CONTENTS
1ページ目:「スタビライゼーション」オススメの理由
2ページ目:スタビライゼーションのポーズを3種類ご紹介!


スタビライゼーションにはこんなメリットがある!!

なぜ、私がこれをオススメするのか、理由は以下の通り。

  • 筋肉が引き締まるだけでなく、骨格のバランスが整う
スタビライゼーションの大きな特徴はコア、すなわち体幹、カラダの中心部・胴体が鍛えられること。中島史恵さんのヨガの記事内でもご紹介したように、「コア」は今、フィットネス業界で話題のキーワード。ここを鍛えることにより、単に筋肉が引き締まるだけでなく、骨格のバランスが整うのです。私が思うに、男性でも女性でもスタイルが「なんかイマイチ」「惜しいッ!!」と感じるのって、姿勢の悪い人。スタビライゼーションでは姿勢のカッコよさ、美しさもつくることができるのです。

  • 筋肉を傷めない
前述の通り、スタビライゼーションはリハビリ体操がモトになったもの。いま流行りの「ピラティス」も負傷兵のリハビリ体操から派生したものですが、ともに怪我人にも無理のないように考案された「安全性」も大きな特徴。今まであまり運動してこなかった人も筋肉を傷めることなく、トレーニングしていただけます。

  • 場所を選ばない
「筋肉を傷めない」ということにも関連していますが、スタビライゼーションではダンベルやマシーンなどの負荷を使用しません。自分のカラダひとつあればできるのです。家庭でもできますし、出張先のホテルでもできます。逆をいえば、「今日は雨だからジムに行けなかった」「出張だったからダンベルがなくてできなかった」といった言い訳ができないってこと。これは夏に向けて、気合を入れてやるしかないでしょう!!

  • 引き締め効果バツグン
ヨガやストレッチなどのように、反動をつけずにゆっくりと筋肉を伸ばすエクササイズを「スタティック・ストレッチ」といいますが、かつてはスタティック・ストレッチは柔軟性を高めたり、筋肉の疲労を取るためのものとされ、「筋力アップ」や「やせる」といった効果はないとされていました。でも、最近ではこうした静的なトレーニングでも正しいポーズと力の入れ方によっては、しなやかな筋肉がつき、引き締める効果があることがわかってきました。
実際、ヨガを長年やっている方を見ると、細いけれど、かなり筋肉質ですよね。プロのアスリートも筋力アップに取り入れているくらいですから、男性諸氏もスタビライゼーションでマッチョなカラダになることももちろん可能。女性はホルモンの関係で、鍛えてもムキムキなマッチョにはならないのでご安心を。

どうですか? ちょっとやってみたくなったでしょ? では、次のページから、男女別のカッコいいカラダになるためのトレーニング方法を紹介していきましょう。