足元、魅せられますか?

素足が語る老化のサインを見逃さないで!「オバサン足」になっていませんか?
どんなに素敵な靴を買っても、ソレを履いている「足」がイマイチだったら、折角の靴も大台無し。靴の美しさとマッチするキレイな足があってこそ、オンナ上級者といえるのではないでしょうか。年齢と共に衰えるのは、「足」も同様。特に、ミュールのような露出の高いアイテムでは、足の老化も目だってしまいます。ポップなマニキュアやキュートなミュールを履いても血管が浮き出ていたり、浮腫んでいたらいっきにテンションが下がります。

見せても恥ずかしくない足元。ではなく、魅せられる足元を目指しましょう!


年齢と共に浮き出る血管?!

足のケアを怠った結果、せっかくのミュール姿もオバサンっぽくなってしまうなんて、悲しいですよね。
足の大きさは、多くの女性は、24cmセンチ前後。「足」はそのたかだか、24cm前後の大きさで全体重を支え身体を移動させる働き者。更に、身体の一番下に位置し、老廃物が溜まりやすい状態にさらされています。年齢と共に、筋力も低下し、老廃物がたまり、浮腫みやすくなったり、足の「甲」に血管が浮き出たりします。浮腫みと浮き出た血管。この二点が顕著に現れると、オバサンっぽい足度が高まります。

足のダメージをそのままほったらかして、次の日を迎える。そう、その次の日も……。その繰り返しをウン十年も続けた結果、取り返しのつかない状態に。顔は日焼け止めを塗るけど、足には塗らない。顔はパックするけど、足にはしない。疲れてどうしようもない時だけ、そう、足からシグナルが出されてはじめてケアする。こんなに働き者なのにさっ。かわいそうな「足」。

「足」が悲鳴を出す前に、その日のうちにトラブルを解消して、ミュールの似合う足をつくり、この夏、マイナス5歳を目指しましょう!



次のページは、「キレイな甲の作り方」をご紹介致します。