1.首

首のシワで年齢がバレる!?正しいケア法とは

どんなにキレイにメイクをしても、隠せないのが首の肌質。シワやたるみの他、日焼けにより顔の色との差ができていたり。日ごろから正しい姿勢を保つこと、キチンと保湿することが大切です。また、高すぎる枕によりシワができてしまうケースも少なくありません。

出典: 年齢が出やすい「首のシワ」原因と解消法 [ボディケア] All About

2.手

衝撃!手は顔よりずっと早く老化が進んでいる

水仕事の洗剤、紫外線、消毒用のアルコール……。手肌は常に過酷な状況に置かれています。そのため、体の中でも最も老化のサインが現れやすいパーツ。水に触れた後は、しっかりと水分をふきとり、こまめにハンドクリームを塗りましょう。

出典: 手は顔よりも10年早く老ける!?簡単ハンドケアで予防! [ハンドケア] All About

3.目尻

乾燥、まばたき、アイメイク、スマホ…疲れた目元はシワができやすい

目の周りは、外部の刺激をうけやすい部分。にもかかわらず、目元は、メイクやクレンジングの摩擦、PCやスマホによる目の酷使などにより、疲れが出やすいのです。十分な睡眠、ヘルシーな食生活、アイクリームの使用を心掛け、若々しい目元をキープしましょう!

出典: 見た目年齢-5歳を手に入れるアイケアの鉄則 [頬・目元のたるみ] All About

4.唇

血色が失われ、カサつきや縦ジワが目立つようになってきたらすぐケアを

ぷるんとうるおった血色のいい唇は、周囲に若々しい印象を与えます。反対に、血色の悪い縦ジワの目立つ唇は、老けた印象を与えてしまいます。保湿効果の高いリップでケアをし、外出時にはグロスや口紅で「血色の良さ」を演出しましょう。

出典: ふっくらぷるぷる!5歳若返る「リップ美容」アイテム [スキンケア] All About

5.ほうれい線

脂肪や筋肉がたるんでできる「ほうれい線」の対策とは?

ほうれい線は、顔のたるみが原因でできるシワ。日ごろから表情が乏しい人は、頬が下がりやすいので、要注意。アンチエイジング大国の日本では「ほうれい線があると老けるからイヤ!」と、嫌がられていますが、中国の面相学では「豊齢線」とも呼ばれ、「豊かに歳を重ねることで目立ってくる線」だと考えられています。

出典: 見た目年齢が大きく変わる「ほうれい線」の原因 [ほうれい線] All About

6.歯

黄ばんだ歯とぷっくりと腫れた真っ赤な歯茎は、若作りの努力を台無しに

歯は一生の財産と言っても過言ではありません。美しい歯は、きらびやかな宝石よりも第一印象を大きく左右するものだからです。健康で白い歯を維持するためには、日々のケアと定期的なメンテナンスが欠かせません。

出典: なぜ歯は黄ばむ?審美歯科医が教える歯を白くする方法 [歯のホワイト二ング・口臭対策] All About

7.髪の毛

髪の曲がり角は30歳前!?髪質や毛量の変化を感じることもある

年齢を重ねるにつれ、失われていく髪のハリやツヤ。「髪は女の命」とも言われますが、髪質は、穏やかに老化していきます。老化を遅らせるためには、「新陳代謝を促す」「潤いを与える」「酸化を防ぐ」「血行を促進する」の4つのポイントが重要です。

出典: あなたの髪年齢は何歳?髪の老化は28歳から [ヘアケア] All About

8.足

足のむくみや浮き出た血管、黒ずんだヒザが、重ねた年を物語る

日々、体重を受け止めている足は、年齢がでやすいパーツ。むくんだふくらはぎや、ボコボコと血管が浮き出た足の甲、カサカサのヒザやかかとには重ねた年月の重みが宿ります。保湿や角質ケア、セルフマッサージを施し、年齢不詳な足を手に入れたいものです。

出典: オバサン足はアナタを5歳老けさせる [ウォーキング] All About