首と肩は痛みで悲鳴をあげています!

画像の代替テキスト
大きなスイカほどの重さもある頭を支える首や肩は常に痛みで悲鳴をあげています
肩こりの大きな原因は頭の重さ。人間の頭の重量は体重の約8%で、体重50kgの人ならば頭は約4kgで大きなスイカ1個分に相当します。寝ているとき以外は細い首ががんばって頭を支えているのですから、首や肩が悲鳴をあげるように疲れて痛むのも当然です。そこで、デスクワークの合間やテレビを見ている間に簡単にできる首のマッサージ法を紹介します。


首の筋肉とツボ


「欧米人は肩こりがない」というのは誤りで、彼らは「肩こり」の代わりに「首が痛む」という表現を使います。実はこの表現はとても理に適っていて、首の筋肉の緊張や血行不良が首から肩にかけてのこりに関係しています。そこでまず首の筋肉とつぼについて説明しましょう。
■首の筋肉
画像の代替テキスト
首の主要な筋肉。首をゆっくり回転すると場所がわかります

・胸鎖乳突筋……耳の後ろからまっすぐ下に向かって鎖骨まで伸びている筋肉で、頭と首を安定させて頭を回旋させたり、ものを飲み込んだり、呼吸するときにも大切な働きをする。
・斜角筋……耳の斜め下の髪の生え際あたりの頚椎と肋骨をつなぐ筋肉。前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋の3つから構成され首を支えて安定させる働きがある。


■首のツボ
画像の代替テキスト
首の3つのツボは頭痛や肩こり、脳の血行促進に効きます

・風池……耳の斜め下の髪の生え際あたり、胸鎖乳突筋上部の基点にあるツボ。脳の血流を促進し眠気や疲れ、首や肩のこりを緩和する。
・天柱……風池よりも内側の下部分にあるツボで頭を支える力が集まるところ。緊張型頭痛や肩、首のこりや痛みを緩和する。
・肩井……首と肩の付け根から指3本分ほど外側にあるツボで、肩こり、頭痛、歯痛、目の疲れを緩和する。



次のページでは1人でどこでも簡単にできる首マッサージを紹介します。