疲労を回復するにはやっぱり睡眠!

rosehip4.jpg
寝苦しい条件が多い夏の睡眠をどう良くするかで「夏バテ」も防ぐことができます。
熱帯夜が続くと寝苦しいですね。夜の一続きの睡眠というのは、なんといっても「疲労回復」の大きな手段。

1日の疲れをとり、明日への活力を再び補給しなくてはいけないのに、とかく眠りにくいのが夏。疲労回復は肉体はもちろん、心の面でも大きな効果があります。イライラ、緊張、忙しさといったデイタイムの心の疲れも、眠ることによってとることができます。ストレスがあったり悩みがあっても、眠るとある程度気持ちに整理がついたという経験をもつ人も少なくないはず。

また寝ているときには肌を回復させるホルモンが出たりもするため、美容にも不眠は大敵!きっちり睡眠をとって、体も心も肌も元気にしておくことが暑さを乗り切る大切な要素といえます。


睡眠不足が続くと・・・

赤ちゃん
お母さんのイライラは赤ちゃんに影響!
眠れない日が続くと、集中力が低下したり、ちょっとしたことでイライラして人にやつあたりしてしまったり。そんな自分にもイライラして悪循環に陥ってしまいがち。

そして、子ども、特に赤ちゃんのいる方は、ただでさえ少なくなりがちなところに寝苦しい日が続くのは辛いですよね。

しかし、ここで注意が必要!
赤ちゃんはママの心理状態に敏感なもの。ママが不眠でイライラしていると、赤ちゃんにもそれが伝染してしまいます。赤ちゃんが落ち着かず、なかなか寝てくれないなんてことになると、更にイライラしてしまいますよね。赤ちゃんに直接アロマは使えませんが、アロマのよい香りに包まれたママと一緒に眠ることで、赤ちゃんもリラックスすることができます。

睡眠は大人もですが、赤ちゃんや育ち盛りの子どもにとって重要な時間です。「寝る子は育つ」は生理学的に言ってもホントで、寝ている間に成長ホルモンが分泌されるのです。ダイレクトに成長に影響が出やすい子どもの睡眠を良くしてあげることはとっても大切なのです。


ラベンダーの香りを使って

1510-2.jpg
安眠させるといえばラベンダー。バランスのとれた香りは眠りを誘うだけでなく、すがすがしい気持ちを与えてくれます。
そこで使いたいのがラベンダー(Lavandula angustifolia)。ラベンダーは安眠させる香りとして知られています。神経を落ち着かせると共に、バランスをとります。また清潔感のある香りは高温多湿の季節に清涼感を与えるだけでなく、汗の匂いも消してくれる効果が期待できます。日焼け後のケアにもラベンダーはぴったり。ほてりを鎮め、皮膚回復を促します。


脚のアロママッサージでグッスリ&スッキリ

ラベンダーを使ってフットのアロマトリートメントをしましょう。疲労を感じやすい足は、クーラーによって冷えていることも少なくありません。汗もたくさんかく部分なので、デオドラント効果も嬉しい。また1日が終わってふと足をみると、「太くなってる!?」と思うほどむくんでいるときもあります。こんな時は、気持ちの良いフットトリートメントでぐっすり眠りましょう。また、小さなお子さんのいる方は、手や腕だと赤ちゃんが舐めてしまうこともあります。その点、足は無難な部位なので、安心してマッサージを楽しめます。


忙しい毎日。手軽にアロマフットマッサージ

ヴィダローム オーガニックマッサージオイル
ヴィダローム オーガニックマッサージオイル 『ラベンダーinホホバ』50ml、 3800円。 <ロート製薬>
しかし、ラベンダーのエッセンシャルオイルとベースオイルを自分で混ぜてアロマオイルを作るのが面倒なときがあります。小さな子どもがいる場合はなおさら。できるだけ手軽にアロマテラピーを楽しむには、積極的に便利グッズを使うのもいいですね。

ロート製薬の『ヴィダローム オーガニックマッサージオイル ラベンダーinホホバ』は、簡単にマッサージが楽しめる、ブレンドオイルです。植物オイルの中でも上質で高級なホホバオイル。これにラベンダーがすでにブレンドされているので、ビンを開ければすぐに使えます。面倒な計量がないので、思い立った時にすぐにマッサージが楽しめます。

(自分でブレンドするときは)
ベースオイル10mlにラベンダーを1~2滴落としてよく混ぜます。


アロマトリートメントの手順は次のページ!