汗をたくさんかく季節。汗をかいたときにすぐにでもシャワーを浴びることができればいいですが、いつでもそういうわけにはいかないですね。そんなときに手軽に全身が香りに包まれるようなコロンを携帯しておけば安心。急な誘いやお出かけにもお役立ちです。

気になる体臭

nature2.jpg
暑い季節は体臭が気になります。
気温や湿度が上がると、汗をはじめとした体臭が気になります。もともと体臭は人なら誰にでもあるものですが、衣服についた汗を放っておくと不快なニオイの素になります。ニオイの上から香水を振りかけても、変にニオイが混ざって良い香りにはなりません。


デオドラント効果の期待できるエッセンシャルオイルを配合する


そんなときに使いたいのがデオドラント効果が期待できるエッセンシャルオイル。エッセンシャルオイルの香りは天然100%のためか、少々、汗のニオイと混ざっても不思議と不快なニオイにはなりません。さらに、自分自身もリラックスして、気持ち良くなれちゃうのがアロマコロンの良いところ。香りもきつすぎず、「香りは少し苦手かも・・・」という人にも自信を持ってオススメします。ガイド自身、香水やコロンは”買うもの”ではなく”作るもの”と思っています。自分で作れば愛着も強くなって使うのが楽しくなります。


デオドラントにはラベンダー

lave.jpg
香りの柱はラベンダー。効能的にぴったりです。
ラベンダーはバスグッズの香りにもよく使われるように、その香りはとても清潔感があります。香りの印象だけでなく、嫌なニオイを消してくれるデオドラント効果が期待できます。

デオドラント効果だけでなく、同時にメンタルなケアもできるのがエッセンシャルオイルを使うメリット。ラベンダーは神経への鎮静作用でも知られます。そんな香りをまとっていれば、暑くじめじめした日も爽快に過ごせそうです。今回はそのラベンダーを軸にブレンドしていきましょう。


爽やかに過ごせる香り

rosemaryflower2.jpg
自分が気持ちよくなれる香りをいつもまとっていたいですね。
ラベンダーのほかには次のような香りを配合します。
ローズマリー(Rosmarinus officinalis)
集中力を増す香りとして知られるローズマリー。脳をすっきりとさせ明瞭にします。ハーブ調のナチュラルな香りはオーデコロンの材料に使われています。

◆ サイプレス(Cupressus sempervirens)
汗かき肌のスキンケアに活用されるオイル。ウッディ調の香りは、さわやかでもあり、やや渋さも感じさせます。怒りの感情を和らげるといわれ、暑さでイライラしているときにオススメ。

甘く濃厚な花の香りが彩りを添えてくれます。リラックスさせる香りとしてプラスします。他のエッセンシャルオイルに比べると香りに持続性があるので、最後まで残る香りはイランイランです。

では手作りのナチュラルコロンを作ってみましょう