***食欲不振に***

うだるような暑さで、ついつい冷たいものを飲みすぎ。すると胃液が薄まって、胃腸の調子もイマイチなんてことありませんか?そんなときは、食欲も落ちてきます。暑い季節といえば、辛いものでスタミナをつけよう!なんて声も聞こえますが、辛い料理といえば、タイ料理。タイも日本と同じ、高温多湿の国です。そのタイ料理で有名なのがトムヤムクン。辛くて酸っぱいスープですね。このトムヤムクンで欠かせないハーブが、レモングラスです。高温多湿を乗りきる食べものに、レモングラスは外せないんです。アロマテラピーでは、レモングラスのエッセンシャルオイルを芳香浴で。副交感神経を刺激することにより、胃の働きを高め、消化を促進し、結果、食欲増進が期待できます。もちろんハーブティもオススメ。できればアイスではなく、温かいものを食後ティーとして1日2-3回飲みましょう。


***夏風邪に***

レモングラスには解熱作用があるといわれます。インドでは伝統的に解熱剤として発熱時に用いられました。そこで、しつこい夏風邪にはレモングラスで芳香浴や足浴はいかがでしょう?もちろん殺菌、抗菌効果も期待できます。


***夏の無気力に***

レモングラスはインドでは、中枢神経を鎮静させると言われています。また同時に、レモングラスにはエネルギーを与え、神経疲労を回復させる作用もあるといいます。この暑さで眠れなく、ストレスがたまり、無気力気味になっている場合、レモングラスでお風呂に入りましょう。浴槽に3滴レモングラスのエッセンシャルオイルを落とし、よーく混ぜて入浴します。


***蚊除けスプレーに***

以前ご紹介した蚊が嫌うスプレー。こちらをご参考に!


***足の疲れの疲労回復に***

これは夏には関係ないのですが・・・。足脚の疲労に効果的、というのをよく耳にするレモングラス。これはレモングラスが循環不全を改善してくれるからでしょうか?足脚の疲れを感じたら、レモングラスでトリートメント。キャリアオイル(セサミがオススメ!)20mlにレモングラスのエッセンシャルオイルを3-4滴入れてブレンドオイルを作ります。これを足に塗って、つま先から太ももに向かって撫で擦ります。5分程行って、オイルが気になるようなら、ホットタオルでふき取ってもOK。


レモングラス。色々と夏にいい使い方があること、分かっていただけましたか?一度、使ってみてくださいね。



##########################

(注意)
レモングラスは敏感な肌を刺激する場合があります。敏感肌の場合は少な目の滴数から始めてください。肌に刺激があれば使用を中止します。


(関連サイト)
タイ料理のレシピ:from AllAboutJapanエスニックサイト
使ってみたいと思ったら→。オンラインショップ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。