香ばしさあふれる、煮干しチャーハン

所要時間:10分

カテゴリー:ご飯・麺・粉物チャーハン

 

香ばしさと旨味が溢れるチャーハン

普通、チャーハンは、中華なべを振って手早くシャカシャカ炒めて作るのですが、今日のチャーハンは冷やご飯をそのまま使い、ごはんの両面を焼き付けるような感じでゆっくり焼いて、香ばしく炒めて取り置いた煮干しを炒め合わせます。じっくり噛み締めて味わいたい、旨味たっぷりのチャーハンです。

煮干しチャーハンの材料(1人分

煮干しチャーハンの材料
ご飯 200g (冷や)
煮干し 1つまみ(8g)※食べる煮干し
ちくわ 1/2本
ねぎ 5cm
たまねぎ 1/6個
ニンニク 1/2片
赤唐辛子 少々 (小口切り)
黒ごま 小さじ1
サラダ油 適量
調味料
小さじ1
1つまみ
こしょう 少々
醤油 1回し(小さじ1程度)
ごま油 小さじ1弱

煮干しチャーハンの作り方・手順

煮干しチャーハンの作り方

1:材料を刻み、ごはんを用意する

材料を刻み、ごはんを用意する
玉ねぎはアラレ切り、ニンニクはみじん切り、竹輪は薄く輪切り、長ネギは小口切りにする。

2:煮干しを乾煎りし、ニンニクと赤唐辛子を炒めて取り出す

煮干しを乾煎りし、ニンニクと赤唐辛子を炒めて取り出す
フライパンに煮干しを入れて乾煎りし、パリッとなったところで火から外し、サラダ油大さじ1とニンニクと赤唐辛子を入れ、弱火にかけて炒め、ニンニクがキツネ色になったら取り出す。

3:サラダ油を足し、玉ねぎと竹輪を炒める

サラダ油を足し、玉ねぎと竹輪を炒める
サラダ油を少々足し、玉ねぎと竹輪を入れて炒める。

4:ごはんを入れて焼き、酒を振りかけて炒める

ごはんを入れて焼き、酒を振りかけて炒める
ごはんを入れて焼き、酒を振りかけて炒める ごはんは炒めるというより、焼き付けるような感じ。酒でご飯をほぐす。

5:塩コショウして、煮干しを戻し、長ネギと黒胡麻を加える

塩コショウして、煮干しを戻し、長ネギと黒胡麻を加える
塩コショウで薄味に調味し、取り置いた煮干しと、長ネギ、黒胡麻を加えて炒め合わせる。

6:しょうゆとごま油で仕上げる

しょうゆとごま油で仕上げる
最後にしょうゆを回し入れ、ごま油で香りをつける。

ガイドのワンポイントアドバイス

煮干しを乾煎りしてパリッとさせ、香ばしく炒めたニンニクとあわせたら、一旦取り出して、後で炒め合せるところが今日の料理のポイントです。それをしないとどうなるのかと言うと(取り出さずに最後まで一緒に炒めると)、煮干しがしんなり柔らかくなります。その方が食べやすいと感じる人もいると思います。好きなやり方で、カルシウムたっぷりの煮干しチャーハンを作ってみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。