ベトナム料理はダイエットに向かない?

アオザイ
ベトナムでは、女子高生の制服として白いアオザイが採用されていることが多いとのこと。
ふと立ち寄ったベトナム料理店。細身のデザインに腰骨まである深いスリットが入ったいわゆるアオザイを着こなす店員さんに感心しながら、その店のメニューを眺めているとある疑問がわいてきました。

それは、汁物以外はそのほとんどが炒め物か揚げ物で、総じて高エネルギーの料理が多い。これがベトナム料理ならあのアオザイを着こなすベトナムの女性たちはなぜ太らないのだろうか…?

念のために日本語を話す店員さんを通訳に、ベトナムから来たという料理人たちに地元での人気料理について聞いてみると、ゴーイ・クオン(生春巻き)などの名前は挙がるものの、やはり揚げ物や炒め物は定番としてはずせないようでした。

留学生に聞いてみた

ベトナム料理
生春巻き(ゴーイ・クオン)にならんで揚げ春巻きも定番メニューとのこと。
そこで、(文末の書籍にて)ベトナム料理について勉強しつつ、日を改めてベトナム(ハノイ)からの留学生6名とベトナム料理やベトナムの女性について飲みながらいくつかの質問をしてみることに。

一つ目の質問は、統計資料があるわけではないが、ベトナム関連書籍を読んでいるとベトナム人の女性はスタイルが良い(痩せている)と評するものが多い。また、著者によってはその理由に「娘を太らせないことは、親の責任という風潮がある」ことや「ベトナム人女性は痩せていることに強い美意識を持っている」ことをあげているが一般的な話か?というもの。

それに関しては、留学生ほぼ全員が、ベトナムの女性にも太った人はいるし、痩せていることに関しては日本の若い女性と意識的にはほとんど変わらないとの返答が。つまり、痩せたい気持ちは日本人女性と変わらない感覚であるし、場合によっては日本人女性の方が痩せていることにこだわっているとのことです。

留学生の皆さん
ベトナム料理の書籍の内容に関して議論している留学生のみなさん
確かにほとんどの地域で女性の肥満率は10パーセント台という日本の現状からすれば、日本人より痩せることにこだわっている国はあまり多くないのかもしれません。

二つ目の質問は、中華料理やフランス料理に影響を受けたというベトナム料理は、総じて油を使って調理したものや、脂身の肉を材料に含むものが多いが、なぜボディラインが固定されたアオザイを着られるほどにそれら食品を上手に食べることができるのか?というもの。

これに関しては、日常的に繰り返される(あまり意識されない)食事のことなので、明確に答えられる留学生はいませんでしたが、彼女たちの食生活について詳しく聞いていくうちに、ベトナム料理にいくつかの特徴があることに気がつきました。


それは、<<次ページへつづく…>>