冷たいお腹は太りやすいサイン!

お腹を触ったときに「冷たいなぁ」と感じたことはありませんか? これは内臓が冷えている証拠!内臓が冷えていると、健康・ダイエット・美容に悪い症状を引き起こす可能性大。逆に、体温が1℃上がると基礎代謝量は約12%上がるとされています。

そこで今回は、内臓の冷えが起こる原因とその解消法を紹介していきたいと思います。

内臓が冷える原因とトラブル

ストレスや疲労によって身体が緊張することで血流が悪くなり、それが冷えを招くケース、夏場のエアコンで体を冷やし過ぎたり、冷たい物の過剰摂取といったことが、内臓が冷える主な原因になります。

内臓が冷えてしまうことで十分な血液が届かなくなり、結果、便秘、下痢、免疫力の低下で風邪をひきやすくなるといったトラブルを引き起こしやすくなります。

また、内臓の働きが低下することで食事を消化する働きも悪くなったり、基礎代謝も下がることで内臓脂肪も溜まりやすく&減らしにくくなるのでダイエット的にも×。