太る生活と痩せる生活を徹底比較!

カロリー計算や運動ばかりがダイエットではありません。実は、日々の生活を見直すことが「一番の痩せる近道」だったりもするの。
そこで今回は、「太る人A子さん」「太らない人B子さん」の生活パターンの違いを、時間を追って解説していきましょう。どちらの生活習慣に当てはまるか、チェックしてみてくださいね。


起床~出社前

朝時間のすごし方でダイエットに差が出る!

朝時間のすごし方でダイエットに差が出る!

<太る人A子さんの生活パターン>
昨晩の夜更かし&食べ過ぎのせいか、体が重くてなかなか起きられず、「あと5分!」と時間ギリギリまでベッドの中でゴロゴロ。当然、出勤準備にせわしなくなるA子さんは、朝ご飯を抜いてしまうこともしばしば。ササッとメイクだけして、慌てて家を飛び出します。

 
<太らない人B子さんの生活パターン>
夕飯は軽め&早寝を心がけているので、朝はお腹がすいた状態でスッキリ目覚め。ベッドの上で軽くストレッチを行い、朝食の準備にとりかかります。朝食で最初に口に入れるものは青汁&果物が定番。その後は、バランスのよい朝食を摂り(玄米おにぎり、野菜の具入りおみそ汁、サラダ)、少し掃除&洗濯を済ませるなど、朝の時間を有効活用して出社します。

■太らないポイント!
午前中のうちに体を動かすと、そのまま高代謝の状態が続き、脂肪燃焼効率のよい1日が過ごせます。軽い運動やストレッチをするには、少し早起きするのが大前提。
また、朝食を摂れば内臓機能が活発になるので代謝もアップ。逆に朝食を抜くことで、昼前にお腹がすいて余計なものを食べてしまったり、昼食・夕食の食事量が増える原因にもなります。


出勤~会社

こまめに体を動かす習慣が大事!

こまめに体を動かす習慣が大事!

<太る人A子さんの生活パターン>
まだ完全に目が覚めていないA子さんは、猫背&ダラダラと駅まで歩きます。もちろん駅では100%エスカレーターを使い、電車では即効空いた席を目がけて座り、ほんの数分でも寝る体勢に。

会社に着く頃にようやくお腹がすいてきたので、仕事前にコンビニやカフェで購入した甘いパンとコーヒーをパクつきます。

 

<太らない人B子さんの生活パターン>
歩く姿勢に気をつけながら早足で颯爽と駅まで歩きます。駅では階段を積極的に使い、電車の中でもつり革に掴みながらお腹に力を入れたり、かかとを浮かせたりと“ながらエクササイズ”が習慣。座りっぱなしが多い会社でも、座る姿勢を美しくキープしたり、こまめにストレッチするなどを心がけます。

■太らないポイント!
通勤で歩く程度の運動なんて……と思いがちですが、毎日のことだからこそ、少しの運動量の積み重ねがダイエットの明暗を分けます。
ちょっと早足で歩いたり、会社でも1時間おきぐらいに立ち上がり、軽くストレッチ&フロアの違うトイレに行くなどを心がけ、血行促進&代謝アップを意識しましょう。

次ページでは「ランチ&夜の生活習慣」を見ていきましょう。