上手な自己否定の方法

椅子
もう一人のあなたは、あなたに何と言っていますか?
さて、これまでダイエットで否定すべきは自分の中(行動)の一部であること、そして、その行動にもそれをやっている最中(の自分)にはなにがしかの利点があることをお話してきました。

そのような状況の中で、ダイエットを成功させるための一つの方法は自分を細分化して問題を処理するということです。

例えば、二つの椅子を用意します。そしてまずは一方の椅子に座り、あなたが問題としている行動をしている時の気分を思い出します。その時の自分はそれをする理由があるわけですから、できるだけ肯定的にその気分を思い出してください。

次に、もう一つの椅子に座り今のダイエットをしたいあなた気持ちに戻ります。

この時、二つの椅子での気持ちが違うということが感じられるまで、何度も座り直して二人の自分の感覚を確かめましょう。要は、問題行動を起こしている自分と、それをやめさせたい自分を気持ち(イメージ)の上で分離させるということです。

それができるようになったら、ダイエットをしたいあなたの椅子に座り、もう一人の自分が隣の椅子に座っているイメージで(頭の中で)交渉を開始しましょう。

交渉のテーマは、問題行動を起こしている自分にそれをやめてもらうということです。この時、決して頭ごなしに相手を否定してはいけません。相手にもそれをするそれなりの理由があるわけですから、それに理解を示しつつ交渉しなければなりません。

例えば、問題行動をしている自分がそれにより安心を得ているのであれば、食べる変わりに風呂に入る、音楽を聴く、好きな本を読み返すなど安心を得るための方法(行動)を変えてもらえないか、ねばり強く交渉します。場合によっては、お互いの妥協点を見いだす努力も必要でしょう。もし妥結したとしても今よりはダイエットに良い行動に変わるはずです。

以上のように、自分を細分化して一部だけを変えることを心がけてください。ダイエットは自分を変えることではありますが、自分が全て変わらなければならない存在のように感じてしまうと、自分がより良く変われる(変わる価値がある)という根拠も曖昧にしてしまいます。



幸せになるためのダイエット【五】成功する目標の立て方へつづく…。

~関連記事~

永久ダイエット脱出作戦【1】
永久ダイエット脱出作戦【2】なぜ運動が続かないか?
永久ダイエット脱出作戦【3】優先順位をハッキリさせる
永久ダイエット脱出作戦【4】食事日記をつける
永久ダイエット脱出作戦【5】有形の目標と無形の目標
永久ダイエット脱出作戦【6】太っていることのメリット
永久ダイエット脱出作戦【7】脱デブキャラ宣言
永久ダイエット脱出作戦【8】自分との戦い

■幸せになるためにダイエット【一】
■幸せになるためのダイエット【二】自分の構造を知る
■幸せになるためのダイエット【三】ダイエットを小さくする

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。