鳥井信治郎の遺作、不朽の名作

 
サントリーウイスキーローヤル

サントリーウイスキーローヤル

 日本には「響」という世界に認められた素晴らしいブレンデッドウイスキーがある。わたしは「響JAPANESE HARMONY」(ジャパニーズハーモニー/700ml・43%。・¥5,000税別希望小売価格/以下同)を好んで飲むが、食中酒として最高といえるウイスキーである。
 淡麗で繊細。独特の透明感がありながら、奥行きのある甘く華やかな味わい。まさに日本人だからこそ生みだせる、ザ・ジャパニーズブレンデッドウイスキーと呼べる香味である。

 しかしながら、もうひとつ、忘れてはならないジャパニーズウイスキーがある。還暦を過ぎた年配の方々なら頷いていただけるのではなかろうか。
 それはサントリー創業60周年を記念して特別にブレンドされ、翌1960年に発売となった「サントリーウイスキーローヤル」(700ml・43%・¥3,360)である。
 “大阪の鼻”と謳われ、「角瓶」「オールド」といった名作を誕生させたサントリー創業者、鳥井信治郎の遺作でもある。そして二代目となる息子、佐治敬三との共作でもある。
 マスターブレンダーの継承を物語る作品といえるだろう。
 

山崎蒸溜所の奥、椎尾神社鳥居と桜吹雪

 
鳥井信治郎と佐治敬三親子

鳥井信治郎と佐治敬三親子

 「ローヤル」誕生までの経緯はかつての記事『父の日ウイスキー/息子に託すブレンダー魂』を是非ご一読いただきたい。今回記事として改めて紹介したのは、新型コロナウイルス禍、緊急事態宣言下での東京オリンピックが開催されているいま、TV観戦の家飲みでじっくりと堪能していただきたいウイスキーであるからだ。
 前回開催された東京オリンピック(1964年)の頃、確固たる高級ウイスキーの地位を獲得していた「ローヤル」の味わいを若い世代にも知っていただきたい気持ちがある。
 そして1980年代、「ローヤル」は社会的地位のある人たちが飲むウイスキー、といったイメージがあった。実のところ、中元歳暮はもとより、酒類においては高級贈答品を代表する存在感があった。
 
椎尾神社鳥居と桜

椎尾神社鳥居と桜

 イメージだけではない。甘く華やかな香りとコク。重層感、厚みを感じさせながらも柔らかく滑らかな口当たり。余韻も長く心地よい。
 1989年、創業90周年を記念した「響」登場以来、いぶし銀のような存在となっているが、わたしは日本の傑作のひとつだと思っている。そして、わたしより年上の年配者のなかには、いまだに「ローヤル」がいちばん、とおっしゃる方々がたくさんいらっしゃる。不朽の名作といえるだろう。

 『息子に託すブレンダー魂』記事中で、ボトルの形状にも触れている。お読みくださればご理解いただけるはずだが、信治郎の開発時の香味イメージは、山崎蒸溜所奥に位置する椎尾神社の鳥居に舞う桜吹雪であった。

 
ローヤルスリムボトル

ローヤルスリムボトル

 山崎蒸溜所を訪ねる機会があれば参拝をおすすめするが、これほどまでにブレンダーの魂をデザインに投影したウイスキーボトルはないのではなかろうか。鳥井信治郎の魂を語りつづけるウイスキーである。是非ともお試しいただきたい。  尚、「サントリーローヤルスリムボトル」(660ml・43%・¥2,920)もある。
 

関連記事

父の日ウイスキー/息子に託すブレンダー魂
サントリーリザーブ・ハイボールに香る白州モルト
響BLOSSOM HARMONY 2021味わい
「響」30周年を2019年歳末に祝う
山崎LIMITED EDITION 2021評価
サントリーレッド、元祖家飲みウイスキー
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。