「食べたい!」と思ってから5分間が勝負!

前回の食事内容や時間からして、その食べたいという感情が衝動と判断できるときは、とにかく衝動のピークが過ぎるまで5分間やり過ごします。

サーファー
衝動は呑まれずに乗りこなしましょう!
衝動はやがては壊れる波のようなもので、最初の5分間をサーファーのごとく上手に乗りこなせばあとはさざ波となり容易にコントロールが可能になります。

そこで今回はそれら衝動の波乗りを行いやすくするための3コースをご用意しました。

■松コース:波乗りには十分な備えを

まずは、食事を計画的に行ないましょう

そうすることで、それが衝動かそれとも生理的な空腹かが把握しやすくなります。

その上で、衝動の波が来たときに5分間やり過ごすための行動のリストを予め作成しておきます。

内容は食べることと同時にできないことなら何でもかまいませんので5分間できることをリスト化して、実際に衝動が起きたときはそのリストの中の行動を行ないます。

例えば「友達に電話をかける」「掃除をする」「歯をみがく」「読書をする」「歌をうたう」「お風呂に入る」などできるだけ多くのサーフテクニックを用意し、衝動が起きた時はすぐに実行するようにしてください!

■竹コース:せめてこれだけは…

食事が不規則になりがちな方は、せめて松コースでご紹介した衝動を乗り越えるための行動リストだけは作成しましょう。衝動が起きた時はリストにある行動をして、とりあえず食欲を退けるように努力します。衝動の波を自在に乗りこなすサーファーになれば、理想の身体を維持したり手に入れたりすることはそう難しい話ではなくなります!

■梅コース:低カロリー食品を用意する。

食事を計画的に行ない、衝動を乗り切るための行動リストもつくった上での話ですが、どうしても我慢できない時のために「低カロリーのゼリー」や「海苔」などを持ち歩くという方法もあります。

それら食品を、衝動を乗り切るための最終防衛ラインとしましょう。

以上、衝動は時間が経てばやがて薄れるということをくれぐれもお忘れなく!


<3ヶ月集中ダイエット講座シリーズ>
  1. ダイエット中のお酒の飲み方
  2. ダイエット中の夕食の食べ方
  3. 食事量最終防衛ライン!
  4. たんぱく質不足はダイエットの敵
  5. 食べ過ぎを退治する!
  6. "食べたい"衝動にどう対処する?
  7. 脂肪燃焼に必要な条件とは?
  8. 「太るルール」とその脱し方
  9. ダイエット中も“よい油”は必須
  10. 水不足ダイエットでドロドロ?!
  11. 食物繊維で目指せ!腸内美人
  12. 外食で太らないための10箇条
  13. あなたを太らせる「心の口癖」


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。