爽やかな香りで用途いろいろ

大洋製薬のハッカ油は、和腫ハッカ油を水蒸気蒸留して精製した天然ハッカ油


まだまだ暑い日が続く時期。少しでも涼しい気分で過ごすためにおすすめしたいアイテムが、大洋製薬の「食品添加物 ハッカ油」です。

ハッカ油は、暑い日にぴったりのアロマオイル。好感度の高い爽やかな香りで、スーッとする冷感効果があり、お風呂に入れたり、ハッカ水を作ってソファーやカーテンを除菌・消臭したりと、用途はさまざまです。

ネットでもドラッグストアでも販売されているので入手しやすく、リーズナブルなのもいいところです。
   

天然のスプレーで除菌・消臭!

私がハッカ油を使うようになったのは3年前。以前は市販の除菌・消臭スプレーを購入していたのですが、天然のものを使いたくなったので、自分でハッカ水を作ることにしました。

それ以降、匂いを消したいあらゆるものに、お手製ハッカ水をスプレーするように。香りもいいし経済的で、今では我が家に欠かせないアイテムになっています。

私が日常的に使っている、3つの方法をご紹介しますね。
 

1.ハッカ水を作って除菌、消臭

 
ハッカ水で除菌、消臭スプレー代わりに

暑い日の外出時、シュッと吹きかければ衣料用クールスプレーとしても


ハッカ水を作って、ソファー、カーテン、ベッド、枕、靴の中など、除菌・消臭したいところにシュッシュッとスプレー。部屋中がミントの爽やかな香りになるので、リラックスできます。

さらにメントールは虫が嫌う成分だと言われており、虫よけの効果も期待できて、一石二鳥、どころか三鳥なのです。

大洋製薬のHP(taiyo-pharm.co.jp/HAKKA.html)によると、ハッカ水の作り方は

微温精製水又は温精製水100mlに、ハッカ油約6滴を加え良く振り混ぜ、約12時間置き、上澄みを捨てて、完成

とのこと。

ただ、私は面倒くさがり屋なので(笑)、スプレーボトルに水道水と好みの量のハッカ油を入れ、シャカシャカと振って、すぐ使用しています。これでも十分に使えます。
 

2.お風呂に入れて、クールな入浴

湯船に2滴ほど入れるだけで、ミントの香りが浴槽に広がり、メントールの効果によって涼しさを感じるミントバスになります。ただ、入れすぎると寒くなるので、気を付けましょう。
 

3.マスクに数滴落として、いい香りに

冬にマスクを使うときは、マスクに1滴落として、ミントの香りが楽しめるマスクにしています。
 
このほか、スイーツや紅茶に入れてミントテイストにしたり、おしぼりやハンカチに数滴落としたり、温湯を入れたティーカップに数滴落として香りを楽しむ、芳香浴をしたりする楽しみ方もあるようです。

通年を通して使えるハッカ油で、快適に過ごしてみませんか?
 
 
DATA
大洋製薬株式会社|食品添加物 ハッカ油

内容量:20ml
商品重量:68 g
梱包サイズ:7.8 x 7.3 x 3.6 cm
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。