めんつゆで簡単に味が決まる!夏野菜の和風マリネ

所要時間:20分

カテゴリー:サブのおかずマリネ

 

さっと素揚げしてから漬け込むことで美味しさアップ!

夏が旬の野菜は華やかで美味。とうもろこしやパプリカ、ナスといったカラフルな夏野菜を使ったマリネを紹介します。

さっと揚げることで、食感と旨みをアップ。そのひと手間を加えることで、マリネ液には油を加えません。めんつゆを使って、しっかり風味や旨みのある和風のマリネに仕上げました。夏の美味しさをぜひ満喫してください。

夏野菜の和風マリネの材料(2人分

夏野菜の和風マリネの材料
なす 1本
とうもろこし 1/2本
パプリカ (赤・黄)各1/4個
オクラ 10本
ミニトマト 8個
めんつゆ 100ml
50ml
50ml
ニンニク (おろしニンニク・チューブタイプ)2cm程度

夏野菜の和風マリネの作り方・手順

夏野菜の和風マリネの作り方

1:野菜を切る

野菜を切る
ナスは縦に半分に切ってから3~4等分にします。とうもろこしは皮とひげを取り、縦に半分に切ってから、4等分にします。パプリカは縦に細切りにします。

2:オクラの下ごしらえをする

オクラの下ごしらえをする
オクラは揚げると破裂することがあるので、爪楊枝で4~5箇所穴を開けておきます。

3:野菜を揚げる

野菜を揚げる
野菜をそれぞれ素揚げします。

4:マリネ液を作る

マリネ液を作る
めんつゆと酢、こしょうを混ぜ合わせておきます。

5:マリネする

マリネする
揚げた野菜にマリネ液をかけます。1時間以上経てば、美味しく食べられます。

ガイドのワンポイントアドバイス

とうもろこしやミニトマトを長く揚げると、実が弾けて跳ねることがあります。短時間でさっと引き上げるようにしてください。なお、所要時間に野菜をマリネ液に浸す時間は含まれていません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。