いつでもどこでも眠れるCAの快眠のコツ

image

CAはいつでもどこでもぐっすり快眠!

世界中を飛び回るキャビンアテンダントは場所も時間も関係なく睡眠をとらなければならないことも日常茶飯事。いつでもどこでも眠れることが、CAに必要な能力の一つでもあります。

でも慣れない場所や時差などで、なかなか眠りにつけないということもあります。ここではそんなCAが実践する「ぐっすり眠るための快眠のコツ」を3つお伝えいたします。

 



快眠のためには「寝る前30分」が勝負

image

快眠の鍵は就寝前30分にあり!

つい今まで仕事をしていて頭がさえている状態から急に眠ろうとしても難しいですよね。ぐっすり寝付くためには睡眠モードに上手に切り替えていくことが大切。

寝る前30分で、いかに睡眠モードに持っていけるかが、寝付きのよさや眠りの深さを決める鍵になります。ここではそのポイントとなる光・音・香りの三要素についてお伝えいたします。

 


光をコントロールして快眠ホルモンを分泌!

image

光を調整して快眠ホルモンを分泌

就寝前30分の過ごし方で最も大切なのは「光のコントロール」。質の高い睡眠の鍵となる快眠ホルモン「メラトニン」は、明るい光によって分泌が抑制されてしまいます。

CAとして国際線を乗務していたときには、日本時間では真夜中のはずなのに、現地が昼で太陽を浴びてしまうといくら眠くても眠れなくなってしまうということがよくありました。
眠い朝でもカーテンを開け太陽の光を浴びると不思議と二度寝できなくなってしまっているということもありますよね。それほど光は脳にダイレクトに影響を与えるのです。

 



就寝前の光の鉄則

特にスマートフォンやパソコンなどデジタル機器のブルーライトと呼ばれる光は要注意。刺激が強く、メラトニンの分泌を抑制してしまうと言われています。就寝前30分はパソコンやスマートフォンは使わないようにしましょう。

照明も日中と同じ照明ではなく暗めの間接照明やキャンドルを灯すなどして、メラトニンの分泌を促しましょう。さらに就寝時は豆電球ではなく真っ暗にすることで、脳がより深く休息を取ることができると言われています。


次ページでは「音と香りにまつわる快眠のコツ」を紹介します。