乾パンキッシュのレシピ!備蓄食材をアレンジして華麗に変身

所要時間:60分以上

カテゴリー:サブのおかずキッシュ

 

土台を乾パンで作ったサクサクキッシュのレシピ

備蓄していた乾パンの賞味期限が切れそうだったので、キッシュを作りました。サクサクで軽い乾パンの土台が美味しくて、ふんわりしっとりのフィリングとよくあいます。
 

乾パンキッシュの材料(4~5人分

土台
パン 乾パン100g
バター 50g
フィリング(具)
ベーコン 又はハム 50g
小松菜 2/3把 (120g)
たまねぎ 1/2個 (70g)
しめじ 1/2パック
オリーブオイル 大さじ1弱
小麦粉 小さじ1
少々
こしょう 少々
ピザ用チーズ 60g
生地
L2個
牛乳 100cc
生クリーム 100cc
少々
こしょう 少々
型は、底の直径20cm、上の直径(外径)が22cm、高さ27ミリのものを使用しました。

乾パンキッシュの作り方・手順

乾パンキッシュを作る

1:型にバターか油を塗ってオーブンシートを敷く

型にバターか油を塗ってオーブンシートを敷く
型には分量外のバターか油を薄く塗り、底より若干大きめのオーブンシートを敷く(シートがずれない様に、シートの下になる部分にもザッと塗る)。
乾パンの土台は液体を通してしまいがちなのでオーブンシートで防御します

2:バターを溶かす。乾パンを砕く

バターを溶かす。乾パンを砕く
バターは耐熱容器に入れ、電子レンジで様子をみながら加熱して溶かす。乾パンは2枚重ねたポリ袋に入れ、すりこ木で叩いて細かく砕く。

3:溶かしバターを入れて混ぜる

溶かしバターを入れて混ぜる
砕いた乾パンをボウルに移し、溶かしバターを入れて素早く混ぜる。

4:型に敷き詰める

型に敷き詰める
型に(3)を入れ、手かスプーンの背でギュッギュッと押しつけながら敷き詰め、冷蔵庫で1時間冷やす。

5:具を切る

具を切る
ベーコンは細く、小松菜は4cmに、玉ねぎは薄く切り、シメジは根元を切り落としてほぐす。

6:具を炒める

具を炒める
フライパンにオリーブオイル、ベーコン、玉ねぎを入れて炒め始める。玉ねぎがしんなりしたら小松菜とシメジを入れて炒め、小麦粉を振り入れて炒め、塩コショウしてバットに取り出して冷ます。
炒めるのは水分を飛ばすため、小麦粉は野菜から出た水気を閉じ込めるため

7:卵と生クリームと牛乳を混ぜる

卵と生クリームと牛乳を混ぜる
ボウルに卵を溶きほぐし、生クリームと牛乳を入れて混ぜ、軽く塩コショウする。

8:土台と具

土台と具
土台と具の完成。

9:オーブンで焼く

オーブンで焼く
土台に具をのせ、(8)の生地を流し入れ、チーズをかけて、200℃に熱したオーブンに入れ、200℃~190℃で25分焼く。 途中で焼き色を見て、温度を調節してください

10:出来上がり

出来上がり
食卓で切り分けていただきましょう。

ガイドのワンポイントアドバイス

底の外れるパイ型だと乾パンの土台を通して、液状の生地が漏れてしまうことがあります。その漏れ防止と、取り外しやすさも考慮して、底にはオーブンシートを敷きましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。