停滞期を制することがダイエット成功の鍵

scale

停滞期に負けるな!

ダイエットを始めたあと比較的すぐに1~2kg落ちたのに、その後同じように頑張っていてもなかなか落ちないという、いわゆる停滞期。停滞期の間は、頑張っているのに結果が見えないためやる気も失われやすく、ついついダイエット前の食事に戻ってしまったり、自暴自棄になり今までの努力を台無しにしてしまうことも。今回はそんな停滞期に負けず、ダイエットを成功させるための方法をお伝えします。

 

なぜ停滞期になるの?

「炭水化物を控え目にする」や「野菜を多めにする」「ジュースやソーダは飲まない」「揚げ物を減らす」「運動量を増やす」など、摂取カロリーが減り消費カロリーが増えることでカラダはそれに反応し、ダイエットを始めた当初はスッと体重が落やすいものです。

ただ個人差もありますが、ダイエットを始めてから1ヶ月前後、または体重の約5%減量できた頃から「ホメオスタシス」というカラダの機能が働き、そこから停滞期が始まります。

ホメオスタシス機能とはカラダの危機管理システムのようなもので、生命を守るため、少なくなった栄養の吸収率を上げ、カロリーの消費を最小限に抑え、それ以上の体重減少を防ごうとする働きのこと。突然エネルギーが減ったので生命の危機を感じたカラダが自分を守ろうとする大事な機能なのですが、ダイエットに関してはこのホメオスタシスと上手に付き合う事が成功のカギ。

停滞期に入ってしまったと感じたら、まず焦らずに、今までと同じ食事、そして運動を続けることが重要になります。ここで食事量を極端に減らしたり運動量を極端に増やすのは、飢餓モードを助長してしまうため逆効果。カラダが疲れやすくなり精神的にも追い込まれやすく、のちのちリバウンドを呼び込む原因になりやすいのでオススメできません。

停滞期は2週間から1ヶ月前後は続きますので、この期間は気持ちをゆったり持ち、ダイエットをあきらめずとにかく続けることが大事です。そして体重を減らす事よりもそれ以上増えないように注意を払い、これからご紹介する方法を試しながら、静かに停滞期を抜け出せる時を待ちましょう!

停滞期を早く脱出する7つの方法とは>>>