シンプルで上品な味。鶏ささみのお吸い物

所要時間:10分

カテゴリー:汁物・スープ・鍋お吸い物

 

とろりんと柔らかい鶏ささみが美味しい

煮た鶏ささみは、身が固くパサパサとして苦手という人もいるかもしれません。ふっくらと柔らかく仕上げるには、下ごしらえがポイント。片栗粉をまぶしておくと、肉の脂や水分が閉じ込められ、ぷりっとした食感が残ります。

味つけは便利な白だしを使って簡単に。優しい味の汁物は、寒い季節に身体を芯から温めてくれるはずです。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『豆腐のきのこあんかけ定食の献立と段取り』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

鶏ささみのお吸い物の材料(2人分

鶏ささみのお吸い物の材料
鶏ささみ 1本
少々
片栗粉 適量
三つ葉 2本
白だし 小さじ4
400ml

鶏ささみのお吸い物の作り方・手順

鶏ささみのお吸い物の作り方

1:鶏ささみの下ごしらえをする

鶏ささみの下ごしらえをする
鍋に水と白だしを入れ、火にかけます。その間に鶏ささみの筋をとって、一口大のそぎ切りにし、塩をふってから、片栗粉をまぶしておきます。

2:煮る

だしが沸騰したら、鶏ささみを入れて中まで火が通ったら、できあがり。お椀に盛り付け、2cm程度の長さに切った三つ葉を飾ります。

ガイドのワンポイントアドバイス

白だしを使わないときの調味料の配分は次のとおりです。だし汁400ml・みりん大さじ1・薄口醤油小さじ1/2・塩少々
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。