身体があったまる、身体に優しい和定食

豆腐のきのこあんかけ定食

身体に口に優しい和の一汁三菜のレシピと献立を紹介します

先日ユネスコ無形文化遺産に登録され、和食とその基本的なスタイルである一汁三菜に注目が集まっています。この「簡単一汁三菜」のガイドサイトでは、和食にこだわらず、主菜1品と副菜2品、汁物のスタイルで様々な献立をお届けしていますが、今回は基本中の基本である和の一汁三菜をご紹介します。

和食というと手間や時間がかかるイメージがあるかもしれませんが、朝10分と夕方20分の作業で無理なく食卓が整う献立です。同時にいくつかの作業を進める必要がありますが、ひとつひとつの作業自体は簡単なことばかりです。上手く段取りを立てて進めましょう。

■レシピはこちら!
豆腐のきのこあんかけ
大根とカニカマの酢の物
水菜のえびじゃこ炒め
鶏ささみのお吸い物

豆腐のきのこあんかけ定食の段取り

豆腐のきのこあんかけ定食の段取り

豆腐のきのこあんかけ定食の段取り


朝10分+夕20分でできる一汁三菜の段取りです。

朝のうちに、作り置きしておける「大根とカニカマの酢の物」を作り上げておき、「豆腐のきのこあんかけ」に使う木綿豆腐を水きりしておきます。

夕方は、お湯の沸く時間がかかる「鶏ささみのお吸い物」から取りかかり、「水菜のえびじゃこ炒め」と「豆腐のきのこあんかけ」の材料を用意します。続いて「豆腐のきのこあんかけ」を作り上げたら、「水菜のえびじゃこ炒め」を仕上げて、すべての料理を盛りつけて完成です。

いずれも3ステップ以内の簡単料理ですので、焦らず段取りよく進めていきましょう。

次のページでは、豆腐のきのこあんかけ定食の献立と、かかった費用を紹介します>>