暑さの残るころにさっぱりと食べやすい和の一汁三菜

揚げカレイの出汁おろしかけ定食

食欲の秋に嬉しい和の一汁三菜

魚料理や揚げ物は「時間がかかるもの」「大変な料理」といった印象があります。でも、それ一品であれば、調理もそれほど負担にならないのではないでしょうか。副菜二品と汁物を作り置きしておき、忙しい夕方は一品だけ作ればいいという段取り術で、手早く無理なく一汁三菜を用意します。

作り置きの三品は朝の15分で、主菜となる揚げカレイの出汁おろしかけは夕方の15分で、合計30分できちんと感のある和の献立を作ります。暑さの残るころにはさっぱりと、でも、涼しくなって食欲のわいてくる秋にもぴったりの一汁三菜です。

■レシピはこちら!
揚げカレイの出汁おろしかけ
ナスとミョウガの和風サラダ
いんげんのおひたし
きゅうりの冷製お吸い物

揚げカレイの出汁おろしかけ定食の段取り

揚げカレイの出汁おろしかけ定食の段取り

揚げカレイの出汁おろしかけ定食の段取り

朝15分+夕15分でできる一汁三菜の段取りです。

朝のうちに「いんげんのおひたし」の下ごしらえから始めます。続いて「ナスとミョウガの和風サラダ」「きゅうりの冷製お吸い物」の材料を切り揃え、順次味をつけ、できあがったら冷蔵庫に保存しておきます。

朝のうちに三品用意できているので、夕方作るのは「揚げカレイの出汁おろしかけ」だけ。カレイに下味と片栗粉をつけて、揚げはじめたら、作り置きした料理を盛りつけていきます。最後に揚げたてのカレイにだしをかけて完成です。

次のページでは揚げカレイの出汁おろしかけ定食の献立と、かかった費用を紹介します>>