作り置きOK!いんげんのおひたし

所要時間:10分

カテゴリー:サブのおかずおひたし

 

茹でて、白だしに漬けておくだけ! いんげんのおひたし

いんげんをさっと茹でて、白だしに漬けこんでおけば、美味しいおひたしができあがります。醤油やみりんなどを合わせてもいいですが、白だしを使えば、味つけも簡単です。

おひたしは直前に和えたり、だしをかけたりするものですが、いんげんは水分が出にくく、味も染みにくいので、漬けこんでから時間を置いた方が美味しく仕上がります。作り置きしておけば、忙しいときの一品やお弁当のおかずにも使えます。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『揚げカレイの出汁おろしかけ定食の献立と段取り』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

いんげんのおひたしの材料(2人分

いんげんのおひたしの材料
インゲン豆 150g
白だし 大さじ4
大さじ2
鰹節 適量

いんげんのおひたしの作り方・手順

いんげんのおひたしの作り方

1:いんげんを茹でる

いんげんを茹でる
いんげんの筋をとり、塩少々(分量外)を加えた熱湯で1分ほど茹でたら、ざるにあけ、冷まします。粗熱がとれたら、縦にふたつに割ってから、長さを半分にします。

2:いんげんを白だしにひたす

いんげんを白だしにひたす
容器にいんげんを入れ、水で割った白だしをかけ、冷蔵庫で保存します。食べる前に器に盛りつけ、かつお節をふります。 すぐに食べることもできますが、半日程度だしにつけこんでおくと、味がよく染みます

ガイドのワンポイントアドバイス

いんげんは縦半分にすることで味が染みやすく、口当たりもよくなって、食べやすくなります。ただし、急ぐときはやらなくてもOKです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。