オニオングラタンスープで作る、洋風茶碗蒸し

所要時間:30分

カテゴリー:スープオニオンスープ

 

電子レンジで煮て、オーブン(又はグリル)で焼く!

オニオングラタンを洋風茶碗蒸しにアレンジしました。熱々でとろとろでふわふわです。レンジで簡単に炒め煮した玉ねぎは、甘味があってシャキっとした歯ざわりが残っていて、食べ応えがあります。

土鍋で大きな茶わん蒸し


オニオングラタンプディングの材料(2人分

主材料
たまねぎ 1コ (200g)
L1個
バゲット 2~4切れ
ピザ用チーズ 30~40g
ドライトマト 2枚
エリンギ 1/3本 (シメジでも良い)
ニンニク ほんの少々
パセリ 少々
200cc
チキンブイヨン 固形スープ1/2個
白ワイン 大さじ1
少々
こしょう 少々
オリーブオイル 小さじ1

オニオングラタンプディングの作り方・手順

オニオングラタン洋風茶碗蒸しを作る

1:主な材料は玉ねぎ、エリンギ、ドライトマト、卵

主な材料は玉ねぎ、エリンギ、ドライトマト、卵
その他にチーズ、バケット、調味料類。

2:玉ねぎはカッターで薄切り、エリンギは薄切り、トマトは千切り

玉ねぎはカッターで薄切り、エリンギは薄切り、トマトは千切り
玉ねぎはスライスカッターで薄く削る。エリンギは長方形の薄切りに、ドライトマトは水でサッと洗って細く切る。
玉ねぎはできるだけ薄く

3:玉ねぎを耐熱容器に広げ入れてレンジで加熱

玉ねぎを耐熱容器に広げ入れてレンジで加熱
玉ねぎはシリコンスチーマーか耐熱容器に広げるように入れて、ラップなしで、600Wの電子レンジで4分加熱して取り出し、オリーブオイルを混ぜて1分加熱して混ぜて更に1分加熱する。
合計6分

4:エリンギ、トマト、ニンニク、ワイン、スープを入れる

エリンギ、トマト、ニンニク、ワイン、スープを入れる
エリンギ、トマト、ニンニク、ワインを入れて箸で混ぜ、固形ブイヨンを手で砕いて入れて水を入れる。
ニンニクはすりおろしをほんの少々

5:蓋(又はラップ)の隙間をあけて3分チン

蓋(又はラップ)の隙間をあけて3分チン
両端に少し隙間ができるように蓋かラップをし、600Wで3分加熱する。

6:味を調える

味を調える
混ぜて味見して、塩気が足りないようであれば塩を少々加え、こしょうをふる。
ほぼちょうど良い塩加減になっているはず。後でチーズをのせるので薄味でOK

7:スープと具に分ける

スープと具に分ける
具とスープに分ける。このときスープは200~210cc。足りなければ水を足して200ccにする。
スープが多すぎるようであれば、↓の工程で卵を少し足すとよい

8:卵をよく溶きほぐし、スープと混ぜる

卵をよく溶きほぐし、スープと混ぜる
別容器で卵をよく溶きほぐし、スープと混ぜ合わせる。

9:シリコンスチーマーに戻し、バケットとチーズをのせて焼く

シリコンスチーマーに戻し、バケットとチーズをのせて焼く
シリコンスチーマーに具を入れ(8)の卵液を入れ、バケットをのせ、チーズを散らし、200℃に予熱したオーブンで20分ほど焼いて堅め、美味しそうな焦げ目をつける。
高温短時間で焼くと、焦げ目だけがついて卵液が固まらないため、時間短縮したい場合は、電子レンジで加熱してから高温で焦げ目をつける

10:パセリをふりかけて出来上がり

パセリをふりかけて出来上がり
パセリ(ドライを使用)をふりかけて完成。

11:応用編:小分けして焼いても

応用編:小分けして焼いても
ココット容器なら3~4個できます。オーブントースターで焼く場合は、アルミホイルで蓋をして焼いて、卵が固まったらホイルを取って焦げ目をつけるといいです。もちろん途中までレンジでチンし、トースターかグリルで焦げ目だけつけるやり方もOKです。

ガイドのワンポイントアドバイス

高さのないシリコンスチーマーを使う場合と、高さのある耐熱容器を使った場合とでは、焼き上がる(卵が固まる)時間が違ってきます。様子をみながら焼いてください。指先で押してみて、または竹串を刺してみて、透き通ったスープが滲み出るようであればOKです。滲み出てきたスープが濁っているようであれば、そのまま数分オーブンに入れて置いて予熱で固めるか、レンジで少しチンするといいです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。