節々の痛みを感じたら関節老化に注意!

あ

節々の痛みを感じたら関節老化に注意!

若い頃はアクティブにいろいろな動きができたのに、年齢とともに体のコリがひどくなって、痛みを伴うようになり、体を動かすのがつらくなっていませんか? 膝を曲げると違和感がある、肩こりがひどく腕が動かしにくい、腰痛が長引いている……このように年齢を重ねると、節々の痛みを感じるようになります。

厚生労働省の平成22年国民生活基礎調査によると、自覚症状がある痛みで最も多いのが「腰痛」「肩こり」が男女ともに1位と2位で、「手足の関節の痛み」も女性が3位、男性が5位。節々の痛みは、多くの人の痛みの種なのです。

関節は骨と骨を結ぶつなぎ目部分で、固い骨と骨がぶつからないように、関節には潤滑油の役割をする液体や、クッション、カバーの役割をする膜などがあり、関節の痛みが起きないように働いています。

関節の痛みで見た目老化が加速する!

あ

関節の痛みをかばって運動附属になったり、悪い姿勢をすると、見た目老化が加速します!

ところが、年齢とともに、関節のつなぎ目部分の衝撃を和らげてくれるクッションや潤滑油となる液体が少なくなってしまい、だんだんと関節部分の骨と骨が直接ぶつかるようになったり、体を動かすときの癖やゆがみ、職業などによって、骨が変形したり、ずれたりして、神経を刺激して、痛みを感じるようになります。

これが膝、肩、腰、首などの痛みの原因になっている場合が多いのです。

関節の痛みが起きると、痛みを感じないようにかばって姿勢が悪くなったり、痛みを気にして、活動量が減ります。これが続くと、若々しいスタイルは消え、だんだんと老人体型に変化してしまいます。

若々しい体型を維持するためにも、関節を労わることが重要です。ではその具体的な方法について、ご紹介します。

やせすぎ、太り過ぎは関節にダメージ

あ

やせすぎて骨が弱くなる、太り過ぎて骨に負担をかける…どちらも避けたいですね!

まず第1に、関節に一番負担をかけているのは、自分の体重です。もし太り気味の場合は、関節の痛みを起こさないためにも、ぜひ標準的な体重までダイエットをしてください。

やせすぎも骨粗しょう症を招き、骨の健康を害します。目安としてBMI23から、多くてもBMI27の間に収まるように体重をコントロールしましょう。

 

靴のクッション性を高めて膝ギシギシ予防

あ

ひざや足首に違和感を感じたら、ぜひインソールで靴底を強化して、衝撃吸収し、負担を軽減して軽い運動を続けましょう!

体重の問題で関節に痛みを感じて、「歩くのもイヤ!」「けがをしたらどうしよう!」という方は、もちろん医師に相談することをおすすめしますが、きれいにダイエットを成功するには、運動を習慣づけることがとても大切。

たとえば、ウォーキングや運動するときの靴を、クッション性に優れたものにしてみるのもいいでしょう。日常生活でも、階段を使ったり、よく歩くようにするだけでも、運動量がぐんと増えます。そんなときに、靴底に敷くインソールなどで、ふだんの靴底を強化し、膝や足首を守りましょう。

 

首、手首、足首……首を温める

あ

首、手首、足首を温めるグッズは、関節を冷やさないためにも、1年中準備しておこう!

第2に、ひざ、ひじ、腰、肩、首、手首、足首、股関節など、関節部分は、季節に関係なく冷やさないことです。

関節部分が冷えてしまうと、血液や体液の流れが悪くなり、酸素や栄養が不十分で、関節を滑らかにしている物質を新たに作ったり、古いものを排出する代謝のスピードが遅れて、痛みを感じやすくなってしまいます。

ガイドの関節老化対策は、関節部分を冷やさないグッズを、1年中利用することです。たとえばハラマキ、レッグウォーマー、アームカバー、えりまきなどを、カバンに入れて、寒くなったら、「首」部分だけでもこれらのグッズで温めると、関節部分だけでなく、体全体が冷えにくくなります。こうやって冷えから関節を守ることで、関節のまわりの血流と酸素、老廃物の流れを滞りなくスムーズに保つことができます。

次のページでは、関節老化を予防する簡単エクササイズをご紹介します。