筋肉図(筋肉マップ)を使って効率よく体を引き締め!

体の筋肉の図解を参考に筋トレを効率アップ!

体の筋肉の図解を参考に筋トレを効率アップ!


筋トレ中の人も、これから始めたいと思っている人も、最低限知っておきたい筋肉マップと筋肉の特徴をご紹介します。

美ボディ作りをするには、まず自分のカラダに興味を持つことが大切。「今自分がどこを引き締めているのか」「自分が目指す体にはどこの筋肉を鍛えればいいのか」を、知っているのと知らないのとでは効果が全く違ってきます。カラダ作りも知識を使い、目的意識を持って励んで下さい!
 

体前面の筋肉

1

■胸鎖乳突筋
胸鎖乳突筋は、首の安定、屈曲(アゴを引く、うなずく動き)、回旋(左右に回す)の際に使う筋肉です。圧迫や刺激、冷えなどによって緊張しやすく、首のこりや肩こり、頭痛など引き起こしやすい部位でもあります。 バストアップにも効果大

■三角筋
ここを鍛えると肩が大きくなるので、逆三角形のたくましいシルエットを目指す男性にはオススメ部位

■大胸筋
一般的にいわれる「胸板」の部分の筋肉。ここを鍛えることで男性は、厚みのあるたくましい胸に、女性はバストアップした美しい胸に効果があります

■上腕二頭筋
いわゆる「力こぶ」と言われる部位

■腹直筋
腹直筋は、お腹の真ん中を縦に覆っている筋肉で、「6つに割れているお腹・シックスパック」を作る際に必要な筋肉。腹斜筋と共に内臓を正しい位置に固定するコルセットの役目も

■外・内腹斜筋
腹斜筋は、外腹斜筋と内腹斜筋の2種類から構成されています。両部位とも斜めに走っている筋肉なので、腹斜筋といわれ、いわゆるくびれを作る筋肉。また、内臓を正しい位置に固定するコルセットの役目も

■大腿四頭筋
大腿四頭筋は、体の正面側(前面側)の太ももの部分に存在する筋肉。下半身引き締めに効果大
 

体背面の筋肉

2

■僧帽筋
僧帽筋の筋力が不十分だと、インナーマッスルを含めた肩の筋肉全体に疲労がたまりやすくなり、肩こりの原因に。肩こりにはこの部位をほぐすことが大切

■広背筋
腕を体に引き付ける動作、物を引っ張るような動作に使われる部位。逆三角形を目指す人に効果大

■上腕三頭筋
いわゆる「たるんだ二の腕」はこの部位が鍛えられていない証拠。女性は特に意識して引き締めたい部位

■脊柱起立筋
背骨から腰骨の方にまで、細長く伸びている筋肉。この部位は座っている時も、立っている時も、歩いている時も姿勢を維持するために使われる重要な筋肉です。この部位が衰えてくると、腰痛などの原因に

■中臀筋
この部位は、足を外側に広げる動きに働く筋肉。立体的なヒップ作りに効果的

■大臀筋
この部位は、足を後ろへ跳ね上げる動きや、ジャンプ時などに働く筋肉。
ヒップアップに効果的

■大内転筋
太腿の表面ではなく内部にあり、足を内転(内側に閉じる)する時に使う筋肉。太腿引き締めや、O脚の人や脚の形を整えるのに効果大

■ハムストリングス
太股の裏側の3つの筋肉、大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋の総称。足を体に引き付ける動作や、走る時に地面を蹴るような動作に必要な部位。下半身痩せに効果大

■腓腹筋
ふくらはぎの一部。この部位はつま先を伸ばす作用と 足(ヒザ)を曲げる時に使われる部位。ヒラメ筋と同じような動きをしますが、走るなど瞬発力を必要とする時に使われる筋肉。足痩せに効果大の部位

■ヒラメ筋
ふくらはぎの一部。歩行時に地面をける、または立っている時に使われる部位であり、足首を伸ばす際に使われます。腓腹筋と同じような動きをしますが、走る時、じっとしている時でも使われる筋肉です。足首周辺や足痩せに効果大の部位

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。